04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
更新休止中。ツイッターで短い感想をつぶやいてますので興味がある方はそちらで!
「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」公式サイトはこちらへ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
月刊少年ガンガン1月号(2010)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-12-12)

月刊少年ガンガン1月号>>>表紙 最新24巻発売!「鋼の錬金術師」
|-`).。oO(付録は鋼の2010スケジュールブック。卓上カレンダーの方が嬉しいんだけどな。)

■鋼の錬金術師
巻頭カラー。プライドによって強制的に真理の扉の前に放り込まれたロイは、人体錬成の対価としてある物を奪われる。一方、自分の肉体と再会したアルは悩みながらも、元の場所へ戻ることを願うのだった。最近の鋼はちょっと上げてはズドンと落とす展開が続いていて心臓に悪い。正しい絶望を与えるという真理の扉。それぞれの対価の理由に納得しつつも、大佐の対価はかなりショック。

◆特別編 Wii用ソフト「鋼の錬金術師FA−黄昏の少女−」プロローグ
ゲームのプレビューコミックとはいえ、単行本に収録されなかったら嫌だなあ。シーンダイジェストでも、結構面白そうなんだけど…Wiiなんだよなあ。PSPにまとめて移植してくれたら買うのに。

■「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」4コマ劇場
12/22に発売するDQ94コマ劇場から先行掲載。本誌連載陣が描いてるので、4コマ劇場でもクオリティ高いなあ。一番面白かったのは水野英多かな。絵もネタも好み。サンディ可愛い。

■ばのてん!
河添太一、新連載センターカラー。「ばのてん=人生その場のテンション」でという事で、やる気のない会計係、寝てばかりの会長、ツッコミ役の副会長が織りなす生徒会ゆるゆるコメディ。初回3話掲載+ガンガンONLINEと同時連載開始という事で、編集部的にはかなりプッシュしてるみたい。なんだけど…萌え系にしては絵のバランスが奇妙で可愛くないし、話もテンポが悪くて面白くない気がする。ていうかキャラにイラっとする。

■屍姫
ピンチに追い込まれたオーリは、マキナを助けるために目の前に現れた黒猫に体を明け渡すが…?猫耳!猫耳!最近、屍姫は流し読みだったんだけど、黒猫と同化したオーリがストライクだったので珍しく真面目に読んだ。男女問わず猫耳は反則。力も強いし可愛いし、オーリはこのままでいいんじゃないの?

■獣神演武
賢嘉爛舞を手に入れ皇帝となった慶狼。岱燈と劉煌は、「滅びこそが平穏」と民に牙を剥いた慶狼を止めに向かうが、残った頼羅の前には死んだはずの鳳星が現れ…?展開的にクライマックスも近いと思うんだけど、しばらく休載だそうです。やはり、毎号鋼のカラーを描きながら…というのは物理的に無理な話だったと思う。他誌の連載もやってるし。まあ、こっちは鋼が終わってからでも良いんじゃないすかね?

■RUN day BURST
ニサンガロック編クライマックス、一挙2話掲載。原住民に攫われたローダーとシリンダ。助かることを最初から諦めて、死んだおばあちゃんの元へと行こうとするローダーにトリガーがかけた言葉は…?ガンガンって乳首券使っても良かったんだ…と本筋よりもそっちが気になって仕方がなかった。まあ、あれじゃ色気もなにもなかったけど。


どんなジャンルでもプッシュされてると萎えるのは何故だろう?好きなものは自分で選びたいから?


>>>鋼の錬金術師FA 第35話「この国のかたち」

091221_1443~0001.jpg
巨大な体で要塞を破壊しようとするスロウスを活動停止に追い込んだオリヴィエは、
トンネル内でエルリック兄弟から隠していた真実を聞かされ…?
戦車で突っ込むお姉さま…カッコ良すぎ。
彼女は何をしても許されるというか、むしろガンガンやってくれと思ってしまう。
この辺から、少しずつホムンクルス(お父様)が求める物の輪郭が見えて来るのですが、
真実にたどり着こうとする兄弟と視聴者がシンクロしてるので、すごくもどかしい。

>>>鋼の錬金術師FA 第36話「家族の肖像」

091221_1444~0001.jpg
旅を続けるホーエンハイムの脳裏には、在りし日の家族とのあたたかい思い出が浮かんでいた。
化け物である自分を励ましてくれたトリシャ、自分を無垢な瞳で見上げていたエドとアル。
一方、レイヴンと駆け引きをしていたオリヴィエの元に、調査隊異変の報告が入るのだった。
小さいエドとアルが可愛すぎて…反対に切なくなるじゃないか。
エド視点で描かれていた過去を、改めてホーエンハイム視点で描くと事実は全く別のものに。
でも、父が抱えている事を兄弟は知らないんですよね。何というすれ違い。
そしてついに最強のホムンクルスきた!正体バレは次回以降だけど、中の人の演技が楽しみ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(1) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン12月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-11-12)

月刊少年ガンガン12月号>>>表紙 TVアニメ放送中「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(付録は鋼のカードケースセット。表紙はイベントの4コマと同時期に描いたのかな?)

■鋼の錬金術師
巻頭カラー。傷付き倒れた中尉を前に、研究者から人体錬成を迫られるロイ。突然乱入して来たメイの助けにより、何とか事なきを得たかに思えたが…?今回の見どころは、動けないように大総統に磔にされた大佐ですね…じゃなくて、最悪の事態が避けられてホッとした。でも、人柱は5人とも取り込まれてしまったか…力を合わせて対抗するのか、それとも魂しかないアルがキーになるのか。扉絵を見ると後者かなと思いますが。

■とある魔術の禁書目録
引き続き一方通行と打ち止めのエピソード。ファミレスでの食事中に熱を出して倒れた打ち止めを助けるために一方通行は研究所に足を運ぶが…?一通さんのツンデレ(?)っぷりが加速中。アニメではここまで萌えキャラじゃなかったような気がするんだけど。バカだと思っていたら、実は優しいところもあるというギャップが良いなあ。

■絶園のテンペスト
葉風が信頼をおく潤一郎から「彼女はすでに死んでいる」と告げられた2人は、そこから導かれる可能性に考えを巡らせるが…?死人を頭蓋骨で判別…あまりにも城平センスが溢れすぎていて倒れそうです(嬉しい)。ああ、楽しいなあ。やっぱり城平は魔法バトルをするよりも、どんでん返しの会話劇ですよ。潤一郎が何を知っているのか気になる。

■紅心王子
熱を出して倒れた花。昔の夢にうなされて目を覚ますと、隣で紅次郎が看病をしてくれていて…?熱に浮かされて真っ赤になっている花が可愛かった。久しぶりに花視点で描かれているせいか、いつも以上に紅次郎が頼もしく見える。天使達の前だと可愛い王子という感じだったんだけど。実に少女マンガだよなあ。甘酸っぱくてゴロゴロしてしまうんだぜ。

■RUN day BURST
「山の頂上を見たら死ぬ」というローダーは、最期にシリンダに懺悔を始める。病弱だったローダーと大好きだったシスターのお祖母ちゃん。彼女が世界中を旅をしていた理由とは…?うあああ、ダメだってば!老人と子供なんて反則すぎるから!王道だけど、見せ方がストレートだからガツンと来ますね。泣いた顔と笑顔がまた良いんだ。


ヒーローマンの場面カットが載っていたけど…ボンズが好きでもこれはチェックしないだろうなあ。


>>>鋼の錬金術師FA 第32話「大総統の息子」

つないだ手(期間生産限定盤)
ヒューズの墓参りをするロイの前に現れた謎の老婦人。
それは巧妙に変装した東方司令部時代の上司、グラマン将軍だった。
一方、アームストロング少佐からメイが北へ向かった事を知らされたエドは、
アルと共に大総統の息子セリムにお茶会へと招かれ、大総統の意外な姿を知るのだった…。
グラマン将軍は、女装とギラギラしたタヌキ親父っぷりのギャップが凄かった。
いまだに青さと甘さが残っている大佐では、太刀打ち出来ないんじゃないかと思わせる迫力がある。
実際、腐りきっているとはいえ、将軍の地位にいる人は一筋縄では行かない人ばかり。
大佐はこんなんで、果たして軍のトップまでたどり着けるのか…無理っぽいな。
そして、セリムですよ。ネタバレになるので詳しい事は書けませんが、あの子も凄いですよね。
家族という存在に弱いエド達が、このタイミングで引き合わされて動揺しないはずがない。
エンヴィーの時だって、頭では分かっていても体が動かなかったくらいだし。
人間とホムンクルス=善と悪ではない。この事が、最後までエド達を苦しめるんだろうなあ。エグい。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(1) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン11月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-10-10)

月刊少年ガンガン11月号>>>表紙 連載100回突破記念!「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(付録は鋼のリストバンド、缶バッジ、コースター、着せ替えパッケ。でも定価は変わらず)

■鋼の錬金術師
巻頭カラー。バッカニアから門の守りを託されたリン=グリードは中央兵と対峙する。一方、人柱としてお父様に取り込まれたエド、アル、イズミ…そして最後の人柱候補であるマスタングは、人体錬成によって真理の扉を開くことを強要されるが…?爺さん、バッカニアの戦士らしい最期に涙していたら、ラストで衝撃の展開。あわわ、まさか中尉がそんな…大佐が最後に残されたのは、ここで辛い選択をさせる為だったのか…これってどちらを選んでも地獄になるじゃないか。でも、大佐はヒューズの事でずっと後悔して来たわけだし…本当にこれはえげつない。

■とある魔術の禁書目録
ミサカのクローンである打ち止めに懐かれてしまった一方通行だったが、今まで多数のミサカを殺して来た一方通行は無邪気な打ち止めに対し複雑な気持ちを抱えていた…。打ち止めと一方通行のやり取りが、アニメの時よりも増量されていて萌える。エプロン装備の家庭的アクセラレータさん見たかったです。

■絶園のテンペスト
センターカラー。「はじまりの樹」が再生するまで「絶園の樹」の復活を抑える為に、鎖部一族は力(魔法)を借り受けていたが、鎖部左門は役目に背いて「絶園の樹」の復活をさせようとしていた。真広たちは葉風の依頼で魔具を受け取りに行くが、そこで見たものとは…?4話目にしてようやく面白くなって来ました。次々にオセロがひっくり返って行くこの感じ。これこそが、私が求めていた城平節ですよ!葉風の正体とか目的とか…ああ続きが気になる。

■ばらかもん(特別編)
ヨシノサツキ。ガンガンONLINEから出張掲載。とある事情によって島で暮らすことになった若きイケメン書道家の田舎暮らしを描いたハートフルコメディ…らしいです。初めて読んだけど、絵もノリも結構好みで面白かった。面倒くさくて全然チェックしてないけど、あとでONLINEに読みに行こう。

■はじめての甲子園
火村正紀、最終回センターカラー。因縁の大東海VS土高の1年生同士の練習試合。試合は緑ちゃんと不動のピッチャー対決となるが、不動の投球パターンを見破った紫の指示のおかげで、土高の奇跡の反撃が始まる…!ああ、ガンガンの良心の1つが終わっちゃいましたね。野球をネタにしたギャグマンガだと思っていたのに、いつの間にか普通に野球をやっていたのには驚いたものです。もう少し続けて欲しかったけど、区切り的にちょうど良いのかも。スポ根あり、ラブコメありで最後まで楽しませてもらいました。緑ちゃんは最高のヒロインだったよ!


安眠ライフ追及と腰の為に布団を新調。ニトリの格安布団ですが…あの値段でこれはお得だなあ。


>>>鋼の錬金術師FA 第28話「おとうさま」

091014_2044~0001.jpg
自らを人体練成する事により、グラトニーの腹の中から脱出する事に成功したエド。
ホムンクルス達から”お父様”と呼ばれる男は、何故かホーエンハイムと瓜二つの顔を持ち、
等価交換の法則を無視した錬金術により、エド達のケガを治療するが…?
エルリック兄弟に興味シンシンな”お父様”がコミカルで面白かった。ボケ老人みたい。
不要な感情をホムンクルス達に分け与えた結果、残ったのは知識欲だけという事なのかしらん。
確かに人間の知識欲こそが、いつの時代も歴史を変えてきたわけですが…ふむ。
そして、そんな”お父様”と対照的なのが”強欲”ことグリードさん。
リンがグリードになる瞬間は、新シリーズで「絶対に外せないシーンベスト3」だったのですが、
中の人が変わるだけで、こうも雰囲気が変わるんですね。これは想像以上でした。
やっぱり、リンはグリリンになってからの方が魅力的だと思う。黒コートがすごく似合ってる。
あと、スカーとアルの因縁を超えた弟タッグも良かったです。鎧の王子様カッコいい。
それにしてもメイは存在感が薄いですね…ユースウェル関連がまるっと削られてるせいか。
鋼はどんな小さな事でも関連してるから、1つ削ると3つくらい齟齬が生じる感じ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(1) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン10月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-09-12)

月刊少年ガンガン10月号>>>表紙 TVアニメ放送中「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(兄弟が背中合わせの構図好きだなあ。付録はガンガンオリジナルの大佐ストラップ。)

■ソウルイーター
巻頭カラー。ゴフェルVSマカの空中戦。ノア様大好きなゴフェルが、久しぶりにあっくん節全開の変態キャラで大変に良いです。開発された体とか…今回は色々と言葉づかいがエロかった。まあ、そんな変態を魔人狩りでバシっと倒してしまうマカが一番カッコいいわけですが。早くキッドを助けに行ってあげて。

■鋼の錬金術師
センターカラー。エド達が司令部の地下で出会った謎の老人の正体、そして大総統VSリン(グリード)&フー爺さんの戦いの行方は…?うわあああああ!爺さん!捨て身の覚悟で向かった後の展開が心臓に悪くてページを閉じそうになった。ついに発動したセントラルの錬成陣。人柱候補の大佐が取り込まれなかったのは、同じく候補対象のエドが一緒にいたから?この辺がカギになりそうな予感。

■アルティメットドールズ
三好輝、新連載センターカラー。「日本0区」と呼ばれる人工ドームの中に暮らしているアラシは外の世界に憧れを抱いている。アラシには二人の兄ヤマトとカズトがおり、3人は両親が死んでからずっと3人で生きて来た。何事もなく過ぎる日々…しかし、ある日アラシは通学途中で血まみれの少女を保護する。コード番号で呼ばれ、不思議な力を使う少女。果たして「日本0区」とは何なのか…?期待の新人さんという事で初回から気合いが入ってますが、サバイバルSFな話をやるにしては絵が迫力不足かも。でも、双子の兄が2人共キレやすいというのは斬新でした。やっぱり、今後は弟を守る兄みたいな展開になるんでしょうか。

■とある魔術の禁書目録
センターカラー。番外編のラストオーダーと一方通行のエピソード。この話、アニメで見た時も好きだったのでマンガでも読めて嬉しい。ミサカはミサカは…ちょっと小さいだけで何でこんなにも可愛いのか。こんな天真爛漫な子を拾ってしまったら、さすがのアクセラレータさんもデレますよね。

■ハレグゥ
金田一蓮十郎、最終回センターカラー。グゥが姿を消して数年後、マリィと結婚したハレは子どもが生まれてパパになっていた。しかし、生まれた子供の顔は誰かにそっくりで…?「ジャングルはいつもハレのちグゥ」の連載開始から途中でタイトルを「ハレグゥ」にマイナーチェンジしてトータルで12年。何気にいまの連載陣の中で一番の古株だったんですよね(次点は鋼か藍蘭島?)金田一さんなので、ラストはこうなるだろうなとは思っていたけど、ハレがジゴロになっていなくて良かった。しかも結構イイ男に成長してるし…やはり、マリィの手腕なのでしょうか。特集で絵の変遷を紹介してたけど、こうして見ると初期のハレの方が好きだったなあ。青年誌風味も悪くないですが。ともあれ、大団円で良かったと思います。次回作は…作風的にガンガンには戻って来ない(来れない)気がしなくもない。

■マテリアル・パズル ゼロクロイツ
吉岡公威(原作:土塚理弘)。次回よりガンガンONLINEに島流…いや移籍ですか。マテパ本編が好きだっただけに、ゼロクロイツの迷走っぷりは確かに残念なものがあるんだよなあ。巨大ロボット(?)がいったい本編にどう繋がるのか全然分からないし。あと、思ったよりも作画がいまいちだったのが…マテパの魅力は土塚先生が描いてこそだったんだなと思います。バンブレや清杉はもういいから本編を(切実)。


ある作品の為に雑誌を購読するのはキツイので、終わったら買うの止めようかなと思い続けて数年。


>>>本日の査収物

【雑誌】少年ガンガン10月号
【関連本】青い花 公式読本
アニメの最終回を見てから買うかどうか決めようと思っていた「青い花 公式読本」。
やや出遅れたので置いてないかと思いましたが、1冊だけ残っていたのですかさずゲット。

>>>鋼の錬金術師 第23話「戦場の少女」

090922_1505~0001.jpg
右側が今月号の付録の大佐…何故アルじゃないんだ

救いも用意されているけど、筋道が通らないことに対しては決して容赦しないのが鋼だよなあ。
ウィンリィを残し、再びスカーとあいま見える事になったエルリック兄弟。
一方、傷付いたランファンを抱え、大総統の前から命からがら逃げ出したリンは、
グラトニーの追跡により、着々と逃げ場のない場所へと追い込まれていた。
自分の腕がもう使い物にならない事を知ったランファンは、ある秘策を講じるが…?
あくまでヒタヒタと早足で追いすがる大総統がカッコいい。
ホムンクルスは何だかんだで憎めない奴ばかりですが、ブラッドレイとグリードは特に好きだ。
でも、大総統を出し抜いたランファンは、もっとカッコ良かった。
いくら若の為とはいえ、女の子が腕をバッサリというのは…そりゃリンの目も開くわ。
それと、久しぶりにメイ・チャンが登場しましたね。ヨキと一緒に忘れられていたのかと思ってました。
パンダかわいいよパンダ。一瞬でシャオメイを大人しくさせたアルがナウシカにしか見えない。
そして、ついにグラトニーがロイのせいで覚醒。何度見ても衝撃的なビジュアルです。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(1) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン9月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-08-12)

月刊少年ガンガン9月号>>>表紙 TVアニメ放送中「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(付録はエドのガチャガチャ。今月号の表紙かっけーと思ったら単行本の流用でした。)

■鋼の錬金術師
巻頭カラー。ブラッドレイの圧倒的な力の前に逃げ回るしかないグリリン、戸惑う兵士たちに決断を迫るイズミ、そしてエドとロイは地下で謎の人物と出会うが…?同時進行的にストーリーが展開しているので、いつもよりページ数が少ないだけで物足りなく感じる。その中でも特に印象深かったのがブロッシュお兄ちゃん。決して出番は多くないサブキャラなのに、作者から愛されているなあと思います。

■鋼の錬金術師〜暁の王子〜(8/13発売 Wiiソフト)
恒例の原作者によるゲームプレビューコミック(8P)。今までの事を考えると単行本に収録されるか微妙なので、念のため保存しておいた方が良いかも。アクションRPGだったらWii本体ごと買ったかもしれませんが、手抜きっぽいシステムに萎えたので購入は見送り。アエルゴの王子とかストーリーは面白そうなだけに残念です。PSPに移植すれば買うのになー。

■絶園のテンペスト
2話目。夏休みに古い赤マルジャンプを読んでいたら、十二傑賞で彩崎さんの作品が載っていてびっくりした…この人もジャンプでデビューしてからガンガンに流れて来たのか。それはさて置き、1話目から超絶展開の城平ワールドですが、制限付きの魔法だとか死んだ妹が親友の恋人だったとか、面白そうな設定てん盛りなので、キャラ次第で化けそうな気がします。しばらく様子見かな。

■HEROMAN(ヒーローマン)
太田多門(原作:スタン・リー/アニメーション制作:BONES)、新連載センターカラー。気弱だけど心優しい少年ジョーイ。役立たずとクラスメイトから馬鹿にされているジョーイだが、ピンチのリナを助けたいと願う彼の前に巨大なロボットが出現する。
それは彼が拾ったおもちゃのロボット”HEROMAN”だった…。アニメ先行コミカライズという事でしょうか。中学生レベルのカラーにクラクラしながらページを繰ったら、モノクロは割とすっきりとしていて読みやすかった。ボーイミーツロボットという使い古されたネタには興味がわきませんが、アニメにすると派手で面白いのかもしれません。でも、マンガではどうだろう?同じスタン・リー原作なら、武井先生がジャンプSQで連載している「ウルティモ」の方が面白そうに思えるけど。

■キングダムハーツ358/2Days(スリーファイブエイトオーバーツー)
天野シロ、新連載センターカラー。タイトル長っ!新しいゲームの発売に合わせて唐突に始まったわけですが、「KH2」本編の連載を中断してのエクストラエピソードという感じ?物語はロクサスがXIII機関に入ったところから。すでに2本編でロクサスの顛末を知っているので、アクセルとの会話が切ないなあ。

■月彩のノエル
介錯、最終回。これもアニメ化前提の連載かと思っていましたが、思ったよりもあっさりと終わったなと思います。最後までこれといったサプライズもなくきれいに終わったので、打ち切りに近い予定調和なんでしょうか?魔王と勇者が結婚して〜というネタは予想どおりかな。主人公が勇者で、ヒロインが魔王という設定なので、ハッピーエンドにするにはこの展開しかなかったと思います。


2時間かけて書いたエントリが保存されてなくてショックです。あーあーなんだかやる気なくなるなあ。


>>>鋼の錬金術師FA 第20話「墓前の父」

090824_2233~0001.jpg
このニーサンは今月号のガンガンの付録(あまり可愛くない)

ホーエンハイムの声は、パパと言えばこの人な石塚運昇さんでしたか。渋くてイイなあ。
今回の話は、人体錬成の真実を確かめるためとはいえ、
何度も吐きながら、雨に打たれながら、母の墓を暴くエドに胸が締め付けられた。
でも、ここのエピソードはすごく好きです。
苦しみの後に、パッと一筋の光明が射すという展開にカタルシスがあって良いんですよね。
ラストの階段で向き合いながら、決意を新たにする兄弟のシーンは演出も良くてグッと来ました。
原作どおりですが、照り返しでアルが泣いているように見えるのがまた…ううっ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン8月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-07-10)

月刊少年ガンガン8月号>>>表紙 TVアニメ放送中「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(付録は鋼のDVD。夏らしく健康的な表紙が素敵です…後ろの2人まで含めてね。)

■絶園のテンペスト
彩崎廉(原作:城平京/構成:佐有秀)、新連載巻頭カラー。強盗に家族を殺された少年、孤島に封印された史上最強の魔法使いである少女、そして「黒鉄病」により封鎖された町。少年たちの目の前に現れたそれは果たして…?キター!全世界の城平ファンが待っていた待望の新作ですよ!もう、のっけから城平節全開でニヤニヤが止まらないです。「ヴァンパイア十字界」では設定を根底から覆して読者を驚愕させ、「スパイラル」では壮大かつ矮小な結末に導いた挙句、今度は魔法使いですか!相変わらず言葉のセンスが中二病っぽくてステキです。彩崎さんもだいぶ絵が上手くなっているし、これからどのような展開になるか楽しみ。

■鋼の錬金術師
センターカラー。時を越えた親子共演の扉絵。父に背を向けたエドはいったいどんな表情をしているんだろうか…?イズミの協力もあって中央司令部を占拠したオリヴィエ、そこに死んだはずの大総統が現れて…という展開。とにかく、後半の単独で動く大総統には痺れました。いやー敵だけどカッコいいなあ。

■ソウルイーター
空を飛ぶための特訓を始めたマカとソウルだったが、なかなか思い通りにはいかず焦るばかり。一方ノアに囚われたままのキッドは何も出来ずにいた。
090721_1640~0001.jpg
囚われキッドがあまりにステキなもんだから、思わずここだけ10秒以上眺めてしまったじゃないか。最近のあっくんの絵は色気があっていいですね。読んでいるとたまにドキっとする事があります。

■THE PRETENDER(ザ プリテンダー)
TALI、第14回SEマンガ大賞・大賞受賞作。ギャング団のボスであるストラマーは、警察に捕まった自分と仲間を釈放する事を条件に、警察から渡された剣で世界中の悪党を倒すという取引をする。使用者の夢を奪って力を発揮するその剣の名は「容求者(プリテンダー)」。ストラマーは助けたエマの仇であるギンズの元へと乗り込むが?うーん、これが大賞なのか…確かに絵は上手いけど、話はいまいち印象に残らなかった気がする。あと、やたらとパンチラしているのが気になった。こういう話の場合、下手なお色気シーンはいらないと思うんですが。

■キングダムハーツ 358/2days(プレビュー)
天野シロ(原案:野村哲也)。あれ…新キャラ?KH2本編は終わったんだっけ?唐突に告知されましたが、来月号からDSで発売された新作のコミカライズになるようです。天野シロ版のKHは好きだけど、そろそろ別の作品を描いて欲しいなあ。

■ブレイド三国志
壱河柳乃助(原作:真壁太陽)、第2部最終回。絵が苦手なのでパラパラとしか読んでいませんでしたが、無理やり描かされているという感じが絵からにじみ出ていましたからね。終了もやむなしという感じでしょうか。懲りずに作画を変えて(壱河さんはデザインのみ)第3部もやるようですが…誰得状態なので、もうフェードアウトでいいんじゃないかと思う。

■からす天狗うじゅ りあるわーるど天狗帖
塒祇岩之助(原作:うじゅ制作委員会)、最終回。これも何の目的でタイアップ連載していたか意味不明だったなあ。まあ、絵が可愛くないので1話目以降は完全スルーでしたが。しかし、昨年から続く新連載→打ち切りのコンボを見ていると、最近のガンガンの迷走っぷりが良く分かりますね。

◆付録:鋼の錬金術師スペシャルDVD デジタルアルケミスト
090721_1639~0001.jpg
アニメ、ゲーム、コミック、グッズなど鋼ワールドの魅力をたっぷりと詰め込んだDVD。
エド役の朴さんがナビゲーターとして登場するなど、付録にしては趣向を凝らした内容です。
ゲーム…Wiiなんかで出さなければ予約して買ったのになあ。チャイナ姿の中尉が気になるし。


二十何回目かの誕生日でした。妹が張り切って美味しい夕食を作ってくれたので、それだけで満足。


>>>本日の査収物

たまには自分への誕生日プレゼントという事で…
Amazonをチェックしてたら、ミクの特典付き中古品が出ていたので思わずポチっと。
現在、特典付きはプレミア価格が付いているみたいなのですが、
Amazonの子会社が販売していた”難有り品”だったので、通常版よりも安い値段でした。
しかも難有りと言っても、特典の箱がつぶれているだけで未開封新品じゃないですか。ラッキィ。
トロステの紹介でみっくみくにされてからずっと欲しかったので、手に入って嬉しいです。

>>★ミクプレイ日記(開始)

090722_2354~0001.jpg
特典で付いてきたミクが気になる長門さん

スペースチャンネルに釣られて買ったはずが、すっかりゲーム自体にハマってしまいました。
(うららコス見てたら、久しぶりにスペチャンやりたくなって来た。あれはいいゲームです。)
最近、ポップンの新作が出ないので”音ゲー”からは遠ざかっていたのですが…何これ超楽しい。
○×△□の4つしか使わないのに、アイコン出現のタイミングが絶妙なんですよね。
とにかく、上手くコンボが繋がった時の達成感がたまりません。
1曲が長いので集中力を保つのが大変ですが、それも含めてすごく良く考えられています。
また、初めてまともにミクの曲を聴いたけど、なかなか素敵な曲が多いんだよなー。
ネタからシリアスまで、ポップン好きなら高確率でツボに入るんじゃないかと思う。
しかし、モジュール集めの為にプレイしていると、あっという間に数時間経ってるのには驚きます。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン7月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-06-12)

月刊少年ガンガン7月号>>>表紙 アニメ放送中「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(付録は鋼の真っ赤なペンケース。表紙は初の軍部集合…後ろのハボックに涙が。)

■SCRAMBLE!(スクランブル)
柴田亜美、新連載巻頭カラー。お隣さんは宇宙人で何故か自分も赤ん坊に!?GAC(ギャラクシーアニマルカード)は銀河のちみっ子達の間で大流行のカードゲーム。惑星ミレニアムのスカイ王子も宇宙一のGACマスターとなるべくカード集めにいそしんでいたが、寝ている間に執事のクラウスにレアカードを捨てられてしまう。レアカードが落ちた先は地球!?慌てた王子はクラウスと共にカードを回収する為に地球へと降り立つが…?今までで一番少年誌向けじゃないかな。アーミンの十八番である「ナマモノ+赤ん坊」に「遊戯王」の要素を加えたらこうなりましたという感じ。アーミンは放っておくとブラック展開になるので、これくらいお気楽な方が良いかもね。そして、クラウスはガンガンの黒執事か。

■鋼の錬金術師
センターカラー。マントを翻してポーズを決めたエドが格好良い。最強…いや最凶の主婦の登場により崩れた均衡。アームストロング少佐とシグさんの友情アタックが素敵すぎる。でも、スロウスは見せ場もないまま倒されちゃって可哀想かな。せめてグラトニーのような可愛げがあれば良かったのに。そして、ついにお父様とホーエンハイムが直接対決。二人の決定的な違いというのが本当の「家族」を作った事だとすると…え?まさか賢者の石の在り処って?

■ソウルイーター
新章突入センターカラー。そういえば”死武専”の目的ってデスサイズを作ることでしたか。すっかり忘れてました。ついに100個目の魂を食べたソウルと、新たに結成された死武専精鋭部隊”スパルトイ”。そして、裏切ったジャスティンの背後にはエイボンの影が…?正直、マカは黒マントの方が可愛かったと思うんだ…セーラー服も悪くはないけど。しかし、ジャスティンが犯人という展開は予想出来なかったなあ。色々とワクワクして来ました。

■紅心王子
紅い羽根が生えた紅次郎の姿…それはまるで、伝説のクレナイ(紅の天使)様であった。自在に天使にも悪魔にもなる王子に天使たちは混乱するが…?覚醒した王子がいかにも王子っぽくて良かった。そりゃ天使もメロメロになりますわ。どちらにもなれるという事は、王子は天使と悪魔のハーフというオチ?それとも…?

■RUN day BURST
かつてピースメーカーを裏切ったトリガーの行動の裏に隠された真実とは…?ベタといえばベタな展開なんだけど、ここまでのトリガーは口だけであまり良い人に見えなかったので、今回の逆転劇にはグッと来た。やはり、言葉には行動が伴っていないとね。あと、じいの優しくも厳しい言葉にもジーンとした。

■はじめての甲子園
緑ちゃんに誘われてデートをする事になった竜。超ラブコメ展開キター!いまさら確かめる事もなく、緑ちゃんは萌えキャラだと思います。今回は、真っ赤になって照れてる緑ちゃんが可愛すぎました。鼻血を吹きまくる竜も可愛いけど。もういっその事、緑ちゃんを中心とした逆ハーでいいじゃない。


今のガンガンは半分くらいしか読むものが無いけど、来月号から城平京の新作が!これは楽しみ。


>>>本日の査収物

Gファンタジー 2009年 07月号 

【雑誌】月刊Gファンタジー7月号
【漫画】白磁1巻、結界師25巻
月刊「パンドラハーツ」…じゃなくてGファンの最新号は「デュラララ!」の1話目目当てで購入。
この前から新連載に踊らされて、何故かスクエニの雑誌ばかり買っているワタシ。
「バッカーノ!」以上にコミカライズが難しい作品だと思いますが、出だしは上々じゃないでしょうか。
ヤスダスズヒトの絵に似せてあるし、チャットシーンなんかも工夫してあって良かったです。
電撃文庫ネタ(今回はシャナ)もきっちりと入れてあったしね。後はセルティが可愛ければOKか。
しかし、他作品も参考のために読んでみようと思ったけど…
Gファンは単行本でチェックしている作品が多いので、うかつに読めない事に気が付いた。
ていうか「黒執事」アニメ2期決定って…えええ!?

JUGEMテーマ:ガンガン 
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
  1/8PAGES  >>
■過去の訪問者数
おかげ様で6桁に突入です。Thx!
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット
■検索してみる?
■さぽている

ホルンさんとLet's talkin'
話しかけると親密度がUP
ヒュムノスも聴いて下さい♪
■管理人です

■現在表示されている記事
■大雑把な分類
■管理人オススメ

メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)予約特典ドラマCD付き
アーランドシリーズの集大成。歴代主人公登場で最後はどうなる!? トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版) 特典 キャラクタークリアポスター付き
トトリちゃんマジ天使。ロロナのバグに泣いたのが嘘のように快適になってます。 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ PlayStation3 the Best
バグ多めながら、キャラ萌えはシリーズ一番…主に鳩を飼ってる騎士様が。 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DTB1期のBlu-layBOXは画質も話も作画も何もかもがハイクオリティ! 金色のコルダ3(通常版)
キャラ交代で妙にはっちゃけてるコルダの新作。こいつら絶対にヴァイオリンで戦うに違いないよ。 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール(通常版)
ルートによっては非常に切ないアンコール。 金色のコルダ2 f(フォルテ)(通常版)
加地と理事長が登場する続編。 KOEI The Best 金色のコルダ
PS2版に追加要素を足したある意味”無印完全版”
■コメント
■リンク
コルダ3公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「メルルのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらへ! ペルソナ4公式サイトへ 「夏目友人帳」サポーターズクラブ『夏目友人会』 あわせて読みたいブログパーツ
■QRコード
qrcode
■管理人用
■広告
みんなのブログポータル JUGEM