12
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
更新休止中。ツイッターで短い感想をつぶやいてますので興味がある方はそちらで!
「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」公式サイトはこちらへ!
<< ゴスペラーズライブ@東京 | main | OGRE YOU ASSHOLEライブ@東京 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
アジカンライブ@東京
ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2009〜酔杯リターンズ〜@Zepp Tokyo
公式サイト

091223_0850~0001.jpg
今回のチケットはスペシャル仕様

アジカンは先行で申し込んでも勝率5割なので、ライブに行けるというだけでラッキィなのですが、
Zeppで平日開催な上に17時半開場…これ23区じゃない社会人には無理だから!
とあまりに思いやりのない日程にギリギリしましたが、行かないという選択肢はないので、
各方面にスライディング土下座しながら、有休を取って行って来ました。

今回、整理番号がZeppにしては早めだったので、開場前にグッズ(Tシャツ他)を買って待機。
ロスを無くす為に外のロッカーに荷物を預けるか迷いましたが、さすがに寒さに耐え切る自信が…。
妹と協力しながら、荷物をロッカーに放り込んでドリンクを引き換えてササッと中へ突入。
計画どおり、真ん中左寄りの手すり前をゲット。手すりがあるのとないのとじゃ…天と地ですし。

↓というわけで、セトリや感想はこの下(長いです)
■DE DE MOUSE公式サイトMy space

sunset girls(DVD付) 

東京のオープニングアクトは、エレクトロでオリエンタルなサウンドを繰り出すデデマウス。
偶然にも発表される前にCDを借りて気に入っていたので、実はかなり楽しみにしていました。
今回はデデさんに加えて、パーカッション3人にキーボード1人を加えたバンドスタイルでの登場。
ほとんど打ち込みだと思っていたので、これには驚いた。CDで聴くよりもずっと激しいじゃん。
「east end girl (keeps singing)」を始め、どの曲もエッジが効いてて踊りたくなる感じ。
だから、前方がずっと棒立ちだったのが不思議で、あれ?何でみんな踊らないの?と思った。
個人的にはサカナ並みに踊ってもいいくらいだったんだけど…おかしいなあ。
しかし、デデさんは良いメガネですよね。「メガネ繋がりで呼んでもらった」というMCには深く納得。
楽しかったけど、微妙に消化不良な感じもしたので、今度は普通のライブに行ってみようかな。

■ASIAN KUNG-FU GENERATION

新世紀のラブソング(初回生産限定盤)(DVD付)

01.新世紀のラブソング
02.サイレン
03.マジックディスク(新曲)
04.ブルートレイン
05.ライカ
06.長谷サンズ
07.惑星
08.その訳を
09.白に染めろ
10.未だ見ぬ明日に
11.十二進法の夕景
12.ソウシヨウ(新曲)
13.夜のコール

最新シングルの「新世紀のラブソング」で幕を開け、いきなり一番好きな「サイレン」が来るとは!
今回はかなりバランスの良いセトリだったと思う。特に前半の流れには思わず涙腺が緩んだ。
ずっとライブで聴きたい!と思っていたのに叶わなかった「未だ見ぬ明日に」だけでも嬉しいのに、
もう聴く事はないと思っていた「十二進法の夕景」を続けてやってくれるとは!どっちも名曲すぎる。
「ライカ」や「その訳を」の合唱も楽しかったし、「長谷サンズ」がさり気なく入ってたのも最高。
「ブルートレイン」はイントロが打ち込みに変わっていて、アヴェンジャーズみたいな音。ピコーン。
まだ実験段階だと思うけど、あれは正直アリじゃないですかね。セルフアレンジは大歓迎。
そして何といっても新曲ですよ!ライブで先行して2曲も聴けたのはかなり嬉しかった。
「マジックディスク」は少し軸をずらしたアップテンポな曲に、シニカルな歌詞を乗せた感じ?
そして、ケンさんが久しぶりに作曲したという「ソウシヨウ」は3拍子のリズムが面白かったなあ。
妹は「歌詞の乗せ方がちょっとフジみたい」と言ってましたが、確かに少し志村っぽいかもしれない。

14.バードメン(カヴァー)
15.振動覚
16.リライト
17.アフターダーク
18.転がる岩、君に朝が降る

昔、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの語感にゴッチが憧れて、
略さないとやってられないような、やたらと長いバンド名になったというのは有名な話ですが、
まさか「バードメン」をカヴァーしてくれるとは…やはり、アジカンなりの追悼という事でしょうか。
とにかく、普段の彼らからは考えられないくらいハードな演奏でえらくカッコ良かった。
途中でゴッチのメガネが吹っ飛ぶくらい。それを「リライト」の時に大仰にかけ直してたのには笑った。
そして、「振動覚」→「リライト」の流れにテンションが上り、間奏のアレンジで更にテンションアップ。
前の方に居た男子をステージに上げて、サンプリング?を使って一緒に演奏。すごく楽しかった。
「アイツハダレダ?」とケンさんの方を指して、手元の機械で「ケン!ケン!」って何だそれ(笑)。
自分のMacをステージに持ち込んで、打ち込んだ音をアレンジに加えてみたりと
「新世紀〜」の曲調といい、ここ最近のゴッチは新しい方向を模索しているみたいですね。
これだからアジカンは面白いんだよなあ。次に何が来るか分からないドキドキ感がたまらない。

君の街まで 

En1.君の街まで
En2.君という花

資本主義がどうのとか、MCはあまり喋らない方が好きだしカッコいいよねとかなんとか、
日記の延長のようなゴッチの長ったらし…いや高尚なMCに「じゃあ喋るなよ!」と心の中でツッコミ。
アンコールは”君”繋がりで「君の街まで」と「君という花」の2曲。この流れは初めて聴いたかも。
私は、ライブの盛り上がり度は、アンダー>ループ>君花>リライトの順だと思ってるんだけど、
君という花はイントロから跳ねちゃう。あと、ゴッチは嫌がるかもしれないけど掛け声も楽しい。

En3.アンダースタンド(ダブルアンコール)
En4.新しい世界(ダブルアンコール)

客電が点いても一向に鳴り止まない拍手に応えて、再び登場した4人。
「何が聴きたい?」というゴッチの問い掛けに、歓声の合間から「エントランス!」という声が。
一瞬やろうとして「駄目だ…ポジション覚えてないから」と、選択権はケンさんに託されることに。
ここはケンさん会場の空気を読んだのか「じゃあ、アンダースタンドで!」と期待どおりのチョイス。
やはり「アンダースタンド」を聴かないと、アジカンのライブに来た!という実感が沸かないですよね。
ラストはここ最近の締め曲として定着した「新しい世界」で終了。これも絶対に聴きたい曲の1つ。


[Youtube]ワールド ワールド ワールド - 新しい世界

いやあ、本当に今回のライブは楽しかった!演奏も内容も文句の付けようがなかったですもん。
武道館国際フォーラム横アリと、最近のライブはずっと大きなハコばかりだったので、
Zeppとはいえライブハウスで聴いたのは、実に昨年のWWWツアー以来だったんですよね。
やっぱり、アジカンはこれくらいのキャパの方が楽しいです…ナノはナノで楽しいんだけどさ。

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!
音楽 | comments(0) | 白沢プクスケ
スポンサーサイト
- | - | スポンサードリンク
コメント
コメントする









■過去の訪問者数
おかげ様で6桁に突入です。Thx!
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット
■検索してみる?
■さぽている

ホルンさんとLet's talkin'
話しかけると親密度がUP
ヒュムノスも聴いて下さい♪
■管理人です

■現在表示されている記事
■大雑把な分類
■管理人オススメ

メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)予約特典ドラマCD付き
アーランドシリーズの集大成。歴代主人公登場で最後はどうなる!? トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版) 特典 キャラクタークリアポスター付き
トトリちゃんマジ天使。ロロナのバグに泣いたのが嘘のように快適になってます。 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ PlayStation3 the Best
バグ多めながら、キャラ萌えはシリーズ一番…主に鳩を飼ってる騎士様が。 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DTB1期のBlu-layBOXは画質も話も作画も何もかもがハイクオリティ! 金色のコルダ3(通常版)
キャラ交代で妙にはっちゃけてるコルダの新作。こいつら絶対にヴァイオリンで戦うに違いないよ。 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール(通常版)
ルートによっては非常に切ないアンコール。 金色のコルダ2 f(フォルテ)(通常版)
加地と理事長が登場する続編。 KOEI The Best 金色のコルダ
PS2版に追加要素を足したある意味”無印完全版”
■コメント
■リンク
コルダ3公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「メルルのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらへ! ペルソナ4公式サイトへ 「夏目友人帳」サポーターズクラブ『夏目友人会』 あわせて読みたいブログパーツ
■QRコード
qrcode
■管理人用
■広告
みんなのブログポータル JUGEM