03
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
更新休止中。ツイッターで短い感想をつぶやいてますので興味がある方はそちらで!
「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」公式サイトはこちらへ!
<< さよなら絶望先生 14 | main | WJ34号(2008) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
ゴスペラーズライブ@日本武道館(2日目)
The Gospellers Works
ゴスペラーズ坂ツアー2008“ハモリ倶楽部”

ライブと仕事を天秤にかけるなんて不毛ですよね…ライブは一期一会ですもん。
頭を下げて定時に会社を飛び出して、途中で妹をピックアップして九段下へ。
苗場やイベントには行ってないので約1年ぶりのゴスライブ。
良く考えたら、武道館に来るのも1年ぶりでした。武道館はスペシャルな感じが好き。
今回はアルバムツアーではなかったので、事前にライブの内容が予想出来ず、
かなりまっさらな状態での讃歌となりましたが、あまりにマニア向けな内容にガッツポーズ♪
「ひとり」どころか「永遠に」すらもセトリに入ってないなんて…!
メンバーの声も安定していたし、久しぶりに心からゴスのライブを楽しめたなあ。
ずっと聴きたかった…懐かしい曲ばかり歌ってくれて、大満足の2時間半でございました。

↓以下だらっとレポート
夏真っ盛りのライブという事で、全体的に夏を意識したセットリスト。
自分が好きな曲は何故かサマーチューンが多いので、これはナイス配慮としか!
ステージの中央に、動くメリーゴーランド状の舞台を用意してあったのは、
昔のように動き回れなくなった事を隠す…じゃなくてフォローする為だったりしてね。
ダンスと合わせて面白い演出になっていたけど、少し勘繰ってしまいました。

080725_2119~0001.jpg
やっぱり、武道館はこの看板が良いよね

自分は1階南東の席でしたが、隣に前マネージャーの竹内さんが立っていてビックリ。
という事は、あの辺りが関係者席だったのか。相変わらず目立つ頭をしてらっしゃる(笑)。
客電が落ちてすぐに、西側の扉からリズムに乗って怪しいちんどん屋の一行が登場。
あれ…?よく目を凝らして見たら、いつものバンドメンバーとゴスじゃないですか!
リーダーがサックス、酒井さんがトランペット、先生が太鼓、黒ぽんがタンバリン、
そして、安岡さんがシンバルを担当。普段はマイクのみだから、演奏している姿が新鮮。

そんなサプライズがあったせいか、会場は一気にお祭りのようなテンションに。
ライブ定番曲となった「一筋の軌跡」から始まり、いきなり「Wanderers」!懐かしい!
最新シングルで一番お気に入りの「Paradise」はライブでも格好良かった。
これは絶対に来ると思った「熱帯夜」ではダンスの所でお決まりの黄色い声を上げ、
「夏のクラクション」とまんま”夏”がタイトルに入った曲をやった後は、
「LOSER」「Right on,babe」とこれまた大好きな曲。特に「LOSER」の切なさ加減はヤバい。

ここで、ゴスライブの見どころとも言えるザ・小芝居タイム。
ツアータイトルにちなんで、ゴスはハモリ倶楽部の部員という設定で展開。
各部員のハモリ報告に笑い転げました。な、なんだよゴッホの「ひまわり」とハモるって!
意味が分からないけど、先生だからアリだよな!とか思ってしまったじゃないか。

中盤戦は「Love Has The Power」から始まり、
「Body Calling」「Yes,No,Yes...」「残照」と、しっとりアダルティな雰囲気に。
まさかここで「残照」が聴けるとは思わなかった。掛け合いの部分で鳥肌が立ちました。

で、またまたハモリ倶楽部タイム。
葉書を紹介して替え歌を歌う…って「いいとも」じゃないか!トイレの歌懐かしすぎる!
ここで、マントを着た怪人風の”ミスターカオス”こと”混沌君”が登場し、
「お前達はハモリ天狗になっている!」と怒られて、ハモれなくなってしまう5人。
ユニゾンしか出来ない5人の代わりに「Stand by me」でなりきりゴスペラーズで大合唱。
今回のパートは複雑じゃなくて歌いやすくて、とても気持ち良かった〜。

MC後の1曲目は、アカペラの「カーテンコール」で始まったのですが、
何かもう…この曲が聴けただけで、今回のライブに来た甲斐があったなと思った。
ゴスのCDを購入するきっかけとなった曲なので、とにかく感無量。本当に良い曲です。
アップテンポな「ローレライ」とゴスバージョンの「流星」を気持ちよく聴かせてもらい、
次のアルバムに入るという新曲のお披露目。わぁ、すごく好きな曲調だわ!
ゴスペラッツ風のダンスもサビの部分も楽しくて、新曲とは思えない盛り上がり。
曲調と歌詞から酒井さんの曲と予想してみる。今からリリースが楽しみですよ、これ。
その後は、変な振り付けの「Love Machine」に笑って盛り上がり、
「バードメン」では上から降ってきた青いテープでアリーナがキラキラになり、
鳥繋がりで「青い鳥」をじっくりと聴かせて、最後は個人的に好きな「約束の季節」。
「約束の季節」は声が安定していれば、夏らしくて本当に良い曲だよね。グッと来ました。

アンコール1曲目では、清志郎さんの回復を願って「スローバラード」をリーダーが熱唱。
間違いなく今回のライブのベストアクトだったと思う。
祈るように歌い上げるリーダーの姿は、まさに圧巻でした。改めて歌上手いよなあ。
最後はアップテンポな「Let it go」で割とあっさり終了。

ゴスマニア垂涎の懐かしい曲主体のセトリ、小芝居込みのステージアクト。
ファンクラブツアーか?と勘違いするくらいコアな内容で、とても楽しいライブでした。
ファンを続けていて良かった♪

080725_2256~0001.jpg
パンフ、タオル、ポスカ、ぽんカレー(キーマ味)

ライブ会場でカレーを買うのはゴスマニアのたしなみ。
今回のパンフは「ハモリ倶楽部」のテキスト主体。昔のパンフみたいで良かった。
フィクションだかノンフィクションだか分からない内容が面白いです。
ストラップは売り切れてて買えず。しょんぼり。

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!
ゴスペラーズ | comments(0) | 白沢プクスケ
スポンサーサイト
- | - | スポンサードリンク
コメント
コメントする









■過去の訪問者数
おかげ様で6桁に突入です。Thx!
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット
■検索してみる?
■さぽている

ホルンさんとLet's talkin'
話しかけると親密度がUP
ヒュムノスも聴いて下さい♪
■管理人です

■現在表示されている記事
■大雑把な分類
■管理人オススメ

メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)予約特典ドラマCD付き
アーランドシリーズの集大成。歴代主人公登場で最後はどうなる!? トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版) 特典 キャラクタークリアポスター付き
トトリちゃんマジ天使。ロロナのバグに泣いたのが嘘のように快適になってます。 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ PlayStation3 the Best
バグ多めながら、キャラ萌えはシリーズ一番…主に鳩を飼ってる騎士様が。 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DTB1期のBlu-layBOXは画質も話も作画も何もかもがハイクオリティ! 金色のコルダ3(通常版)
キャラ交代で妙にはっちゃけてるコルダの新作。こいつら絶対にヴァイオリンで戦うに違いないよ。 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール(通常版)
ルートによっては非常に切ないアンコール。 金色のコルダ2 f(フォルテ)(通常版)
加地と理事長が登場する続編。 KOEI The Best 金色のコルダ
PS2版に追加要素を足したある意味”無印完全版”
■コメント
■リンク
コルダ3公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「メルルのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらへ! ペルソナ4公式サイトへ 「夏目友人帳」サポーターズクラブ『夏目友人会』 あわせて読みたいブログパーツ
■QRコード
qrcode
■管理人用
■広告
みんなのブログポータル JUGEM