03
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
更新休止中。ツイッターで短い感想をつぶやいてますので興味がある方はそちらで!
「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」公式サイトはこちらへ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
アジカンライブ@東京
ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2009〜酔杯リターンズ〜@Zepp Tokyo
公式サイト

091223_0850~0001.jpg
今回のチケットはスペシャル仕様

アジカンは先行で申し込んでも勝率5割なので、ライブに行けるというだけでラッキィなのですが、
Zeppで平日開催な上に17時半開場…これ23区じゃない社会人には無理だから!
とあまりに思いやりのない日程にギリギリしましたが、行かないという選択肢はないので、
各方面にスライディング土下座しながら、有休を取って行って来ました。

今回、整理番号がZeppにしては早めだったので、開場前にグッズ(Tシャツ他)を買って待機。
ロスを無くす為に外のロッカーに荷物を預けるか迷いましたが、さすがに寒さに耐え切る自信が…。
妹と協力しながら、荷物をロッカーに放り込んでドリンクを引き換えてササッと中へ突入。
計画どおり、真ん中左寄りの手すり前をゲット。手すりがあるのとないのとじゃ…天と地ですし。

↓というわけで、セトリや感想はこの下(長いです)
続きを読む >>
音楽 | comments(0) | 白沢プクスケ
ゴスペラーズライブ@東京
ゴスペラーズ坂ツアー2009“15周年漂流記 秋冬”@国立代々木第一体育館(2日目)
公式サイト
春夏ツアーの感想(武道館)

091220_1545~0002.jpg
秋冬のツアートラック(写ってないけど、もう1台止まってた)

12月20日は、ゴスがデビューした日のイブにあたるスペシャルな日。

という事で…ゴスペラーズ15周年記念ツアー後半戦、秋冬ファイナルに行って来ました!
この日は開演が16時という事をすっかり忘れていて、原宿に着いたのは結構…ギリギリな時間。
ゴスマニア(FC会員)の端くれにも置けない大ボケっぷりに、自分でも苦笑い。
それにしても代々木ですよ!ゴス単独公演としては、過去最大のキャパシティだもんなあ。
正直、今のゴスで1万人も埋まるのかしら?と思っていたのですが、両日とも満員御礼で良かった。
そうですよね。飽きっぽい私が10年以上もファンを続けているんですからね。
今だに新規ファンも獲得しているみたいだし、新旧ファンが一同に集まれば1万人なんか余裕か。

ライブバンド…って別にバンドじゃありませんが、やはりゴスは生で聴くに限ると思います。
特に広い場所で聴くアカペラは格別。仕事でささくれた心にスッと染み渡る。
あいにく1Fスタンドの端っこの席だったので、メンバーを近くで見る事は出来ませんでしたが、
会場全体がすごい盛り上がりだったし、最後まで趣向を凝らした内容でとても楽しいライブでした。
小芝居や中央の花道を使った演出がクサくて良かったし、ライティングもすごく綺麗だったなあ。
まあ、一番盛り上がったのは5年ぶりに帰って来た”Mr.ラブマシーン”でしたけどね!

今回のファイナルはWOWOWで放送された後に、DVDでの発売も決定しているそうですが、
きっとその映像を見るたびに、感動がよみがえってくるんだろうな。早く見たいものです。

↓以下セットリストと簡単…じゃない感想
続きを読む >>
ゴスペラーズ | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン1月号(2010)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-12-12)

月刊少年ガンガン1月号>>>表紙 最新24巻発売!「鋼の錬金術師」
|-`).。oO(付録は鋼の2010スケジュールブック。卓上カレンダーの方が嬉しいんだけどな。)

■鋼の錬金術師
巻頭カラー。プライドによって強制的に真理の扉の前に放り込まれたロイは、人体錬成の対価としてある物を奪われる。一方、自分の肉体と再会したアルは悩みながらも、元の場所へ戻ることを願うのだった。最近の鋼はちょっと上げてはズドンと落とす展開が続いていて心臓に悪い。正しい絶望を与えるという真理の扉。それぞれの対価の理由に納得しつつも、大佐の対価はかなりショック。

◆特別編 Wii用ソフト「鋼の錬金術師FA−黄昏の少女−」プロローグ
ゲームのプレビューコミックとはいえ、単行本に収録されなかったら嫌だなあ。シーンダイジェストでも、結構面白そうなんだけど…Wiiなんだよなあ。PSPにまとめて移植してくれたら買うのに。

■「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」4コマ劇場
12/22に発売するDQ94コマ劇場から先行掲載。本誌連載陣が描いてるので、4コマ劇場でもクオリティ高いなあ。一番面白かったのは水野英多かな。絵もネタも好み。サンディ可愛い。

■ばのてん!
河添太一、新連載センターカラー。「ばのてん=人生その場のテンション」でという事で、やる気のない会計係、寝てばかりの会長、ツッコミ役の副会長が織りなす生徒会ゆるゆるコメディ。初回3話掲載+ガンガンONLINEと同時連載開始という事で、編集部的にはかなりプッシュしてるみたい。なんだけど…萌え系にしては絵のバランスが奇妙で可愛くないし、話もテンポが悪くて面白くない気がする。ていうかキャラにイラっとする。

■屍姫
ピンチに追い込まれたオーリは、マキナを助けるために目の前に現れた黒猫に体を明け渡すが…?猫耳!猫耳!最近、屍姫は流し読みだったんだけど、黒猫と同化したオーリがストライクだったので珍しく真面目に読んだ。男女問わず猫耳は反則。力も強いし可愛いし、オーリはこのままでいいんじゃないの?

■獣神演武
賢嘉爛舞を手に入れ皇帝となった慶狼。岱燈と劉煌は、「滅びこそが平穏」と民に牙を剥いた慶狼を止めに向かうが、残った頼羅の前には死んだはずの鳳星が現れ…?展開的にクライマックスも近いと思うんだけど、しばらく休載だそうです。やはり、毎号鋼のカラーを描きながら…というのは物理的に無理な話だったと思う。他誌の連載もやってるし。まあ、こっちは鋼が終わってからでも良いんじゃないすかね?

■RUN day BURST
ニサンガロック編クライマックス、一挙2話掲載。原住民に攫われたローダーとシリンダ。助かることを最初から諦めて、死んだおばあちゃんの元へと行こうとするローダーにトリガーがかけた言葉は…?ガンガンって乳首券使っても良かったんだ…と本筋よりもそっちが気になって仕方がなかった。まあ、あれじゃ色気もなにもなかったけど。


どんなジャンルでもプッシュされてると萎えるのは何故だろう?好きなものは自分で選びたいから?


>>>鋼の錬金術師FA 第35話「この国のかたち」

091221_1443~0001.jpg
巨大な体で要塞を破壊しようとするスロウスを活動停止に追い込んだオリヴィエは、
トンネル内でエルリック兄弟から隠していた真実を聞かされ…?
戦車で突っ込むお姉さま…カッコ良すぎ。
彼女は何をしても許されるというか、むしろガンガンやってくれと思ってしまう。
この辺から、少しずつホムンクルス(お父様)が求める物の輪郭が見えて来るのですが、
真実にたどり着こうとする兄弟と視聴者がシンクロしてるので、すごくもどかしい。

>>>鋼の錬金術師FA 第36話「家族の肖像」

091221_1444~0001.jpg
旅を続けるホーエンハイムの脳裏には、在りし日の家族とのあたたかい思い出が浮かんでいた。
化け物である自分を励ましてくれたトリシャ、自分を無垢な瞳で見上げていたエドとアル。
一方、レイヴンと駆け引きをしていたオリヴィエの元に、調査隊異変の報告が入るのだった。
小さいエドとアルが可愛すぎて…反対に切なくなるじゃないか。
エド視点で描かれていた過去を、改めてホーエンハイム視点で描くと事実は全く別のものに。
でも、父が抱えている事を兄弟は知らないんですよね。何というすれ違い。
そしてついに最強のホムンクルスきた!正体バレは次回以降だけど、中の人の演技が楽しみ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(1) | 白沢プクスケ
花とゆめ1号(2010)
花とゆめ1号>>>表紙 新連載「王子と魔女と姫君と」
|∀・).。oO(付録は毎年恒例のオールスターカレンダー。どの月担当かで人気の度合いが分かる。)

■王子と魔女と姫君と
松月滉、新連載巻頭カラー。昔はキレイなお姫様に憧れていたが、現在の昴は”王子”気質で可愛い女の子が大好きなボーイッシュガール。親の事情で女子校から共学に通うことになった昴は、転校して早々”プリンス”と呼ばれる男子4人と知り合いになるが…?「おとぎ転生ラブウォーズ!」という煽り文句がすごいなあ(笑)。前世モノは昔から花ゆめの定番だけど、女子と男子が入れ替わっているというのがTSモノにもなっていて面白いです。何か乙女ゲーみたいだけど。あのネーミングセンスは…まあ有りと言えば有りかな。

■声優かっ!
覚悟を決めて山田Pの計画に乗ることにした姫だったが、正体を隠して男性声優として売り出すという山田Pの言葉に戸惑いが隠せず…?ここで男装モノにチェンジするとは思わなかった。一時期の花ゆめは男装キャラばかりだったけど、最近はあまりないのでこれは歓迎。あと、姫は男の子の格好の方が断然可愛いと思う。

■吸血鬼狩りマイラ
池美留奈、センターカラー。いつも教室の隅で目立たないようにしているマイラ。しかしそれは仮の姿。彼女は夜になると刀を手に持ち、両親の仇である吸血鬼を狩るハンターであった。しかし、その事をクラスメイトに知られてしまい…と、話は吸血鬼モノとしてはありがちだけど、気合いを入れて描いたとコメントするだけあって、絵が今までで一番良かったです。セーラー服に刀は鉄板。

■黒いサンタクロース
宮山あい。すごい勢いで子供の夢を奪うサンタクロースとの掛け合いを描いた4コマギャグ。ここ最近の花ゆめどうしたんだろう?新たなギャグマンガを開拓しようとしているんだろうか?今回のは結構面白かった。サンタがパンドラのギルに見えるけど。ブラックなノリは、にざかなに近い感じ。

■海賊と人魚
”ロレッタの首飾り”を手にいれるために、女装してイクタと共に競売会場に乗り込んだ緋水だったが、何故か会場でリオと出くわして…?基本的にBL路線なので、いつかは描くと思ってたけど…こうして実際に女装してみると、思った以上にすごい破壊力ですね。可愛すぎる。そんないかにも姫な格好で、あんな事やこんな事に巻き込まれる緋水さん…さすがです。

■いっしょにねようよ
みんなでキャンプにやって来た一子たち。すぐにちょっかいを出し、古白の事を「役に立たない」とからかうトムの言葉に古白は…?高尾さんは、にぎやか路線だと微妙にすべるので、もう少ししっとりとしている方が好きなんだけどなあ。でも、古白がお面から仮面にチェンジしたのは良かった。ささやかな表情が付くだけでこんなにも親しみやすくなるとは。でも、再開は2ヶ月後か…長い。


FF13→リーナのアトリエ→アルトネリコ3→ポップンミュージックP→金色のコルダ3となる予定。


>>>ぷち感想(BD-BOX)

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
Aniplex Inc.(SME)(D) (2009-09-30)
売り上げランキング: 162

評価:8.5点(黒の魅力+1.0/猫の可愛さ+0.5/ストーリー+0.5/キレのある作画+0.5)
「DTBの背景ってこんなに精密に描き込まれていたのか!」と叫んだ1話目。
さすがBlu-ray。実際、2期効果ですごく売れているらしいですからね。
当時、リアルタイムで完走した時は、確か「7.5点」くらいの評価だったDTB1期。
(話が良く分からないとか、これただのキャラ萌えアニメだよね?という感想を書いていた。)
発売日に買ってから、日々の録画を消化する合間に見返していたのですが、
改めて最初から見直す内に、以前よりもハマってしまったので再評価となりました。
第1期は基本的に前後編で話が構成されているので、意外と早く最終話にたどり着いた感じ。
監督曰く、DVDで何度も見てもらうために、謎の多いストーリーになっているそうですが、
お世辞ではなく「DTB」は、手元に置いておきたいアニメの1つだと思いますわ。
何回観ても飽きないし、時間が経って面白さが色褪せるどころか、観る度に発見があるんだもの。
…それにしても、1期の黒は何でこんなにカッコいいんだろう?マジ惚れる。

JUGEMテーマ:花とゆめ総合
花とゆめ | comments(0) | 白沢プクスケ
WJ1号(2010)
WJ1号>>>表紙 3号連続表紙「ONE PIECE」
|∀・).。oO(1号でデザインが変わると「ああ今年も終りなのか」と思ったり、そうでもなかったり。)

■ワンピース
3号連続巻頭カラー第2弾。今回の見開きカラーは「コーラでほっと一息」というテーマ。いつもと違う淡いタッチが素敵です。続けてミスチルの桜井さんと尾田先生の対談が載っているけど、リップサービスじゃなくて、桜井さんは本当にワンピースが好きみたいですね。本編は敵味方入り乱れて、何が何だか分からない状態…クロコダイルカッコいいなあ。

■ぬらりひょんの孫
自ら名乗りを上げ、強大な力を見せる白蔵主と対決する事になったリクオ。畏れをまとった者同士の戦いの行方は…?最近のぬら孫は、何となくコマ割りや展開が「ブリーチ」に似てきたような気がする。絵の密度は相変わらず高いんだけど、見た目重視で大ゴマを連発してるのが気になる。

■スケットダンス
マイ・ベスト・エピソード結果発表&センターカラー。1位はKRF、2位はボッスン過去編、3位はスイッチ過去編という結果に。やはりシリアス話が上位を占めたか…これは納得の結果ですね。そういえば、最近ちょっと絵柄が変わってきてる?以前よりも目が小さくなってるような感じ。本編は引き続きデージーちゃんの話。過去にボッスンを見捨てた椿が、今度はボッスンの言葉を聞いてデージーちゃんを助けに向かう。こういう小さな繋がり好きだ。

■リリエンタール
紳士的に撤退したはずなのに、何故か日野家で朝食をいただいている紳士ウィルバー。ライバル宣言をするウィルバーに対しリリエンタールは…?最近の展開すごく好きだ!実にブラボーです。アホでおバカだけど、紳士で子供っぽいウィルバーとわんちゃんの会話がとても面白い。他愛のないやりとりの中にも言葉のセンスが感じられる。

■バクマン。
シュージンの女性問題に巻き込まれたサイコーは、亜豆との破局の危機に晒されることに。そんな中、赤マルに掲載したギャグマンガの「タント」がアンケートで1位を獲得する。一方、蒼樹嬢は中井さんと再度コンビを組もうとするが…?うーむ、恋愛方面に傾いてきたせいか、青年マンガのような展開になって来た。そして、中井さんはサイテーです。蒼樹嬢の平手打ちにはスッとした。


色々な音楽を聴くようになっても、ベースにあるのはゲームミュージックなのかもしれないと思う。


>>>先日の査収物

Love SQ
Love SQ
posted with amazlet at 09.12.13
オムニバス
SMD (2009-11-25)
売り上げランキング: 834

スクウェア時代の名曲を、気鋭のアーティストが大胆にアレンジしたコンピレーションアルバム。
店頭になかったのでiTMSで購入したら、いきなり途中でフリーズして上手くDL出来ず、
カスタマーサポートに問い合せたりと、聴くまでに大変な苦労を要したのですが、
これは買って正解でした。だって、FFにクロノトリガーに聖剣LOMにロマサガですよ!?
しかもアレンジしてる面子がすごい!何この自分大喜びなラインナップ。
Pe'zにグッドラックヘイワにデデマウスにピアノジャック…これで買わないわけがない。
どの曲もそれぞれに良かったけど、特にヘビロテしているのはピアノジャックのアレンジメドレー。
「ビッグブリッヂ〜妖星乱舞〜片翼の天使」はヤバい。ピアノの音がまたカッコいいんだわ。

JUGEMテーマ:WJ総合
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
1月の購入予定(2010)

>>>1月の購入予定(コミック)

1/04:SKET DANCE(11)、バクマン。(6)、赤髪の白雪姫(4)、夏目友人帳(9)
1/08:坂道のアポロン(5)
1/09:flat(3)
1/12:*ボクとワタシの変愛事情(1)
1/18:金剛番長(9)
1/19:*群青シネマ(1)
1/28:*卒業生-春-、卒業生-冬-

(*)中村明日美子の「卒業生」は「同級生」の続編でしょうかね。2冊同時ってすごい楽しみ。
あとは、天野シロ「ボクとワタシの変愛事情(1)」、都戸利津「群青シネマ(1)」辺りを重点チェック。

これ以外で気になるのは…
森山大輔「クロノクルセイド」新装版でしょうか。読んだらまた最後で泣くんだろうな…オリジナル版は持ってるけど、描き下ろしの表紙を見たら欲しくなりそう。あと、衝撃だったのが松下容子「闇の末裔」の新刊がン年ぶりに出るって事。ずい分「花ゆめ」本誌でも見てないけど、作者ちゃんと生きてたんだびっくり。きっと未収録分だけじゃ足りないから、残りは水族館の読切とかで埋めそうな予感。

>>>1月の購入予定(小説)

12/25:マリア様がみてる〜私の巣〜(コバルト文庫)
1/01:後はマのつく石の壁!/喬林知(ビーンズ文庫)
1/16:ロロナのアトリエ〜アーランドの錬金術士〜/藤浪智之(みのり文庫)
1/25:お茶が運ばれてくるまでに〜A Book At Cafe〜/時雨沢恵一(MW文庫)

※図書館リクエスト用
1/10:デュラララ!!×7/成田良悟
1/19:人類は衰退しました5/田中ロミオ

ロロナは立ち読みで終わるかな。一応リストに入れておくけど。
最近、図書館でリクエストしている本の方が楽しみ…って何かが間違っている気が。
デュラララ!!は自分で買っても良いくらい好きなんだけど。うーむ。
MW文庫第2弾に時雨沢×黒星コンビが来るとは!どんな話になるんだろう?

>>>1月の購入予定(ゲーム)

1/28:【PS3】アルトネリコ3〜世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く〜
1/28:【NDS】ドラゴンクエストVI〜幻の大地〜

正直、ドラクエ9はかなり面白かったし(いまだに遊んでる)、
シリーズで6だけプレイした事がないので、移植は心待ちにしていましたが…
何もアルトネ3と同じ日に出なくたっていいじゃない!
まあ、片方が携帯機なので頑張れば平行してプレイ出来る…?わけないですね。

購入予定リスト | comments(0) | 白沢プクスケ
アナログフィッシュライブ@渋谷
アナログフィッシュ2009
"Shuichiro Saito is BAAAAAACK!! Pre tour 2009"@渋谷クラブクアトロ

公式サイト

091205_2340~0001.jpg
アルバムのチラシと手書きのアンケート用紙。結局書かずじまい。

冷たい雨がザーザーと降る中、アナログフィッシュのツアーファイナルに行って来ました。
10月に行われた「10×10×10」で劇的な復活を果たしたDr.の斉藤州一郎。
今回は、彼が復帰してから初めてのツアーという事で、前回以上に気合の入った内容でしたね。
天気のせいもあって、最初はローテンションで雑念だらけな状態で聴いていたのですが、
過剰なくらいストレートな音と歌詞を聴いているうちに、無心になって楽しんでいる自分がいました。
アナログフィッシュのライブって、何でこんなに元気になれるんだろう?不思議です。
フォークでロックでポップで泥臭くて…とにかくアツい!それがアナログの魅力だと思います。

それと、やっぱりアナログは、これくらいのハコの方が落ち着いて聴けるなと改めて思った。
新木場も楽しかったけど、あれはお祭りだからこその広さだったわけで。
M-ONの生中継が入ってたので、多少その辺りを意識しているような気もしましたが、
最初からリラックスして演奏していたし、今までになく熱いコール&レスポンスに心が熱くなった。
これは…来年の2月に発売されるアルバムのレコ発ツアーが今から楽しみです。

↓以下セトリと簡単な感想(セトリは某所より)
続きを読む >>
音楽 | comments(0) | 白沢プクスケ
<<  2/207PAGES  >>
■過去の訪問者数
おかげ様で6桁に突入です。Thx!
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット
■検索してみる?
■さぽている

ホルンさんとLet's talkin'
話しかけると親密度がUP
ヒュムノスも聴いて下さい♪
■管理人です

■現在表示されている記事
■大雑把な分類
■管理人オススメ

メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)予約特典ドラマCD付き
アーランドシリーズの集大成。歴代主人公登場で最後はどうなる!? トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版) 特典 キャラクタークリアポスター付き
トトリちゃんマジ天使。ロロナのバグに泣いたのが嘘のように快適になってます。 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ PlayStation3 the Best
バグ多めながら、キャラ萌えはシリーズ一番…主に鳩を飼ってる騎士様が。 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DTB1期のBlu-layBOXは画質も話も作画も何もかもがハイクオリティ! 金色のコルダ3(通常版)
キャラ交代で妙にはっちゃけてるコルダの新作。こいつら絶対にヴァイオリンで戦うに違いないよ。 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール(通常版)
ルートによっては非常に切ないアンコール。 金色のコルダ2 f(フォルテ)(通常版)
加地と理事長が登場する続編。 KOEI The Best 金色のコルダ
PS2版に追加要素を足したある意味”無印完全版”
■コメント
■リンク
コルダ3公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「メルルのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらへ! ペルソナ4公式サイトへ 「夏目友人帳」サポーターズクラブ『夏目友人会』 あわせて読みたいブログパーツ
■QRコード
qrcode
■管理人用
■広告
みんなのブログポータル JUGEM