07
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
更新休止中。ツイッターで短い感想をつぶやいてますので興味がある方はそちらで!
「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」公式サイトはこちらへ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
月刊LaLa7月号(2009)
白泉社
¥ 400
(2009-05-23)

月刊LaLa7月号>>>表紙 激甘LOVE大ヒット「キスよりも早く」
|∀・).。oO(付録はニャンコ先生のビーチボール。このニャンコフィーバーはいつまで続くのか?)

■桜蘭高校ホスト部
ついに卒業する事になったハニモリ。今までのホスト部は”サザエさん時空”で進行していたから、そりゃハルヒも驚きますよね。いつも通りのハニー先輩と、見た目以上にダメージを受けているモリ先輩。そしてブラックハニー降臨。久しぶりに先輩たちの出番が多くて嬉しかった。寝ている殿の前で逡巡するハルヒはすっかり乙女の表情ですね。頑張れ!光(涙)。

■夏目友人帳
新章スタート、センターカラー。明かりに照らされた夏目と暗がりに潜む妖たちの構図がいいなあ。カラスに襲われていた毛玉の妖を助けた夏目だったが、毛玉は日に日に増えて行き…?毛玉っていうかハリセンボン?久しぶりにホラータッチの話になりそう。小さいものがたくさん寄り集まって襲ってくる図は、相手が何であれ怖いものです。夏目うしろー!うしろー!

■金色のコルダ
のっけから天羽ちゃんサイコーです(笑)。今回は星奏学園の体育祭。華のリレーでは香穂子ラブのライバル同士が激突。そして、冬海ちゃんをかばってケガをした香穂子の手当てをする土浦。「コンクールが終わったら話したい事がある」と言う土浦の言葉に香穂子は首をかしげるが…?今回一番ときめいたのは、冬海ちゃんを助けた香穂子さんでした。何て漢前なヒロインですか!そして、つっちーは嫉妬玉を放ちすぎだわ。

■龍の花わずらい
草川為、最終回センターカラー。ルシンの力を借りて領主との戦いに決着を付けたシャクヤは、婚約者選びにも決着を付けることに。果たして彼女が選んだ相手とは…?最後の方がちょっと駆け足だったなとは思いますが、収まる所に収まって綺麗に終わったなと思います。みんな幸せそうで良かった。最後のオチは、三角関係を描いて来たこの作品らしくて良かったです。次回作も本誌での連載になりますように。

■青春攻略本
あきづき空太、センターカラー。2回目の登場。男子校を舞台に高校最後の夏休みを描く。前回、伊勢崎君の恋路に協力した真面目な倉田君が今回の主役。最後の夏なんだから大事だろ!という伊勢崎君の言葉に倉田君は…?恋愛色はなしですが「ザ・青春!」という感じで良かったです。やっぱり、青春モノはラストでダッシュしないとね。倉田君の「熱を測りきれないでいる」という言葉にはすごく共感しました。こっち側の人間にとっては、伊勢崎みたいにストレートにバカな事が出来る人種がまぶしくてうらやましいんですよね。


TSUTAYAの料金体系が変わってた事に気が付かず、もう新作じゃなくなったんだ!と勘違いした。


>>>本日の査収物

【雑誌】ララ7月号
【漫画】ももんち、101人目のアリス3巻、Under the Rose6巻
1軒の本屋で揃わなかったので、隣の駅から3軒ほど本屋をはしごして購入。さすがに疲れました。

>>>ニャンコ先生ビーチボール

090525_2117~0001.jpg
…む、なんだこの丸い物体は。ここは私の場所だぞ。全くもってけしからん、上に乗ってやる!

090525_2119~0001.jpg
ちょっと待て!何でお前が上に乗っているんだ!この高貴で美しい私に乗るとは!ゆ、許さんぞー!
…うわ!ニャンコ先生!部屋の中で何やってるんだ!?

今月号の付録です。ニャンコ先生のビーチボール。
ビーチボールと言っても、手のひらに載るくらい…小玉スイカ程度の可愛らしい大きさなので、
調子に乗って遊んでたらどこかに飛んでいってしまいそう。紐で吊って飾ろうかな。

JUGEMテーマ:LaLa(ララ)総合
LaLa(ララ) | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊LaLa6月号(2009)
白泉社
¥ 400
(2009-04-24)

月刊LaLa6月号>>>表紙 「ヴァンパイア騎士」
|∀・).。oO(付録はヴァンパイア騎士のパスケース。それよりも来月号がニャンコ先生のボール!)

■会長はメイド様!
巻頭カラー。美咲への対抗馬として生徒会長候補に無理やり担ぎ出された叶だったが、美咲の真摯な言葉に心を動かされて…?どんどんエスカレートする叶君のポスターに笑った。何という技術の無駄遣い。でも今回の見どころは「キミキス」…じゃなくて、碓氷とのポッキーゲーム。美咲が最後まで離さなかったのは、負けず嫌いだけじゃない気がするなあ。美咲のドキドキが伝染して死にそうだ。

■桜蘭高校ホスト部
今回はハルヒの両親の出会いを描いた番外編。ハルヒの母、琴子さんについては弁護士でヅカ部好きという事以外あまり語られていなかったけど、今回の話で大好きになった。心の声が乙女全開なところが可愛い。ハルヒがもう少し乙女だったら、きっと殿との会話はこんな感じになるんだろうなあ。ハルヒ父と性格がそっくりだし。しかし、結婚してすぐハルヒが生まれたとすると、蘭花さんってまだ30代半ばだったのか…。

■純愛ラビリンス
なかじ有紀、新連載センターカラー。羽美の3歳上の兄・美斗は、現在売り出し中の若手俳優。つまり芸能人。ウミはそんなカッコいいお兄ちゃんが大好きで…という感じの第1話。今度はハーフの芸能人か…最初に「この恋は一生かなわない」というモノローグがあったので、兄への想いを抱えつつ悩む話になりそう。え?それって近親相姦?

■図書館戦争
拉致事件から無事に帰還した郁の為に、特殊部隊の仲間による飲み会が開かれる。相変わらずマンガ版の追加シーンは素晴らしいですね。全く、弓先生は行間を埋める天才ですか。堂上が酔っ払ってしまった郁をお姫様抱っこしてそのまま…キャー近い近い!あそこで思いとどまった王子様の忍耐力に拍手。

■少年ドールズ
響ワタル、集中連載開始センターカラー。数回の読み切りを経て連載化。街では噛みつきジャックによって女の子ばかりが襲われるという事件が起こっていた。あげは自身も襲われるが、彼女は囮になってでもジャックを救おうとする。うーん…自分はあまり好みじゃないけど人気あるんですね。ライバルになる人間の男の子か人形が登場したら面白くなりそう。

■狼陛下の花嫁
可歌まと。2回目の読切。表と裏で全く別の顔を見せる陛下のカモフラージュの為に、臨時の妃として雇われた夕鈴。彼女は陛下に毒を持ったのではないかと疑われるが…?一度「彩雲国物語」に似ていると思ってしまったせいか、今回の話も「似たような話あったよな…」と微妙な気持ちに。素の顔が実は演技というのは面白かったけど。

■未少年プロデュース
一ノ瀬かおる、センターカラー読切(何回目か失念)。コウセイの事を馬鹿にした陰湿BOYズを見返すために、JMBC(ジュモンミラクルボーイコンテスト)のグランプリを目指して、コウセイを徹底的にプロデュースする事にしたカコ。子供をアイドルにしたがるお母さんの気分というカコに対してコウセイは…?その衝撃はバラ背負ってやってきたって何(笑)。相変わらず華やかで楽しいなあ。コウセイの気持ちにカコが気が付くのはいつになるのか。そろそろ何か動きがあっても良いかも。


新しい電化製品を買うと、やっぱりテンションあがりますね。ケーブル繋ぐのには四苦八苦したけど。


>>>先日〜本日の査収物

【雑誌】月刊ララ6月号
【漫画】おとめ妖怪ざくろ3巻
レジが妙に込んでいて、これだけ買うのに10分位待たされた。店員さん要領悪すぎ。

続・夏目友人帳 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2009-04-22)
売り上げランキング: 121
「続 夏目友人帳」のリリースがついに開始。アニメイトで予約したらイラストシートが付いてきたのか。知らずにAmazonで買っちまった…悔しいなあ。1巻目という事で、今回も特典盛りだくさん。「3Dニャンコ先生劇場」は短いけど可愛かった。何これゲーム化フラグ?特典のドラマCDは、呪いで目が見えなくなってしまった玉(高乃麗)の為に治す方法を探す夏目だったが…という内容。音だけでも変わらない夏目の世界が広がっていて、約25分しっかりと楽しませてもらいました。ニャンコ先生は、珍しく斑バージョンの方の台詞が多かったですね。やっぱり、斑はカッコいいわ。でも、酔いにまかせて夏目を襲っちゃダメだって(笑)。
3年前に購入したT社製のDVDレコーダが壊れてしまったので、急遽ヨドバシカメラで購入。
本当はSONYが良かったんだけど、CATVのSTBと繋ぐことを考えると同じパナかなと。
今なら20%還元で最安値と丁度同じくらいの値段だったし、背に腹は代えられませんよね。
(もう買ったからと言ったら、アニオタの行動力は恐ろしいね!と言われた…。)
さっそく繋いで使ってみたけど…な、なにこの使いやすさ!
立ち上がりも早いし、メニュー画面もすごく見やすい。今まで苦労していたのは何だったんだ…。
STBを交換してもらって全てデジタルで録画出来るようになったので、これから大活躍だな。

JUGEMテーマ:LaLa(ララ)総合
LaLa(ララ) | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊LaLa5月号(2009)
白泉社
¥ 400
(2009-03-24)

月刊LaLa5月号>>>表紙 TVアニメ最高潮!「夏目友人帳」
|∀・).。oO(世代を越えた共演。レイコと夏目で表紙を飾る日が来ようとは…ちょっと感動した。)

■ちょっと江戸まで
巻頭カラー。自分だけ神秘体験をしていない事にすねる坊ちゃまの為に、ソウビ達は出ると噂の祠を見に行くが…?この世界でもドラゴンボールがあるのか…という事はさて置き、セクスィーDNA恐るべし!ソウビの魅力にハートを射抜かれている坊ちゃまが可愛かった。どこまで漢らしいんですかソウビさん。

■桜蘭高校ホスト部
今回のホスト部は、オリエンテーリング大会で優勝した倉賀野&桜野さんの為に熱帯植物園で特別営業。一方その頃、ハルヒ父の所へ高坂弁護士が訪れていた…。殿のウザさがパワーアップした以外はすっかり元通りになってるなあ。久しぶりの脳内劇場に笑った。それに対するみんなの反応も酷い(笑)。

■夏目友人帳
夏目過去編。夏目は迷惑を掛けずに藤原夫妻の家に行く為に、執拗に狙ってくる妖怪を一人で封印しようと決意するが…?他人に受け入れられる事をあきらめていた夏目が、幸せを得る為に初めて自分から行動したんですね。滋さんの優しい言葉にじーんとしました。あと、ニャンコ先生のさり気ない優しさにも泣いた。あれは、夏目の心を覗いたんでしょうかね?次号はお休み。

■遙かなる時空の中で3
「遙かなる時空の中で3 with十六夜記 愛蔵版」発売記念、特別読みきり。譲の作る「はちみつプリン」の美味しさに源氏も平氏も夢中に…という話。ややキャラが崩壊していますが、オールスターでドタバタと楽しかった。プリンで金儲けを企む神子が黒すぎです。有川兄弟のやり取りも好き。やっぱり、遙かは3のキャラが一番好きだわ。うーん、今さらながら愛蔵版が欲しくなって来たじゃないか。

■金色のコルダ
月森に知人のサロンコンサートに誘われた香穂子は、月森から留学したら日本にはしばらく帰ってこないという話を聞かされて…。「何かあったらドーンと胸に!」と言う香穂子と、反応に困るつっちーに笑った。それは酷いよ香穂子さん。いやそんな事よりも…靴ずれを起こした香穂子の手当てをする月森の手が!手が!どこまで床を転げさせるつもりなの、この人!

■お兄ちゃんと一緒
時計野はり、最終回センターカラー(全員集合で結婚式)。ホスト部の次に長く連載していた「お兄ちゃん〜」ですが、ついに最終回です。正と桜ちゃんは小さい頃から相思相愛で、お兄ちゃんの女装にはちゃんと意味があったんですね。小さい頃の桜ちゃんはとても可愛かったですが、これだと余計にお兄ちゃんのロリコンっぷりが際立つような(汗)。個人的にはお兄ちゃんが身を引いて、桜ちゃんは鈴木くんと…という流れだったら神でした。はりさんの絵はすごく好きなので、次回作が今から楽しみです。

■フィルムガール
高木しげよし、センターカラー。地味で影の薄い女子高生のメイと、超人気モデル司朗との接点とは…?クールを売りにしている司朗が、実はブロマイドを肌身離さず持ち歩いているアイドルオタクというギャップに笑った。萌えっていうな(笑)。最近の高木さんの読みきりの中で一番好きかも。

■君が光
野切耀子、第50回LMGゴールドデビュー賞受賞作。暑い夏の日、教室で補習を受ける主人公の前に何故か窓から現れた吉野君。彼は「やっと会えた」と言って勉強を教えてくれる。そして一週間の補習が終わり、主人公は海へと吉野君を誘うが…?投稿作とは思えないくらい絵が繊細で、独特な雰囲気があって上手い。先月号の選評でベタ褒めされていたのも納得。

◆付録:LaLaダブルプレミア☆ドラマCD(座談会付き)
【ヴァンパイア騎士「今夜だけ舞台は舞台裏」】
舞台裏だけあって内容が全然ない(笑)。アイドル先輩が枢様にいじめられていれば、それで満足。
【夏目友人帳「名取芸能帳〜キラメキは永遠に〜」】
名取さんのドラマ収録現場に遊びに来た夏目たちだったが、妖怪をおびき出す為に何故かドラマに出演する事になり…?というコメディタッチの話。演技指導をする名取さんに笑った。さすが石田さんだわ。ヒロ子も頑張っていましたが、先輩には叶わないですね。このままだと名取さんが主役を取るのもそう遠くないかも!?


久しぶりにブクオフに。なるべく新品で買うように心がけているけど、105円棚には抗えないです。


>>>ソウルイーターinホスト部

ソウルイーター SOUL.5 [DVD]
レイトショー第49話の「後提供美術館」に思わず一時停止。
監督つながりで、ソウルイーターはホスト部と一部キャストがかぶっている事で有名ですが、
まさか、それを原作者(大久保篤)自らネタにしてくれるとは思わなかった。
ありがとうあっくん!桜蘭の制服が意外と似合っててびっくりでしたよ。
ちなみに…キッド@殿、クロナ@ハルヒ、アンジェラ@ハニー先輩、キリク@光、ジャスティン@馨
惜しい事に鏡夜とモリ先輩は欠番なんですけどね…ぐすん。

>>>公式サイトオープン!

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
↑ロロナのアトリエ公式サイト

ガストサポーターとしても、アトリエシリーズの一ファンとしても超期待の新作。
いきなりPS3で出すと聞いた時は驚きましたが、和製で可愛い系のゲームが少ない現状では、
ガストちゃんの参入は嬉しい限りです。もう、何て素晴らしいタイミングですか!
しかも、今回のアトリエは「グラムナート」シリーズのシステムがベースになってるようで…
アンケートに「ヴィオラート」のようなゲームがやりたい!と書き続けてきた甲斐がありました(涙)。
それに岸田メルさんの絵もすごく良いです。正直今までで一番好みかもしれない。
しかし、現時点で男キャラが1人も紹介されてないってのは…こ、これはどういう事ですか!?
きっと「トロステーション」で紹介される時のクロの反応は…うひゃっほう!だな。

JUGEMテーマ:LaLa(ララ)総合
LaLa(ララ) | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊LaLa4月号(2009)
月刊LaLa4月号>>>表紙 「桜蘭高校ホスト部」
|∀・).。oO(付録のトランプとコラボレーションした表紙。さすがホスト部キラキラしてる。)

■桜蘭高校ホスト部
ハルヒが好きだという自分の気持ちに正直になり”ニューたまき”にレベルアップした殿。久しぶりにホスト部で爆笑したなあ。セグウェイに乗って登校するなんてさすがです。両想いかもしれないと分かった途端に暴走して、光がぶちキレる位ウザさ最高潮でも何だか憎めない、それが殿。そして、そんなバカ騒動の裏で奔走する鏡夜の言葉が気になります。

■ボーズラブ!!!
マツモトトモ、新連載センターカラー。その寺には「女人禁制」という禁忌があった。そんな寺に居候する事になった大学生の遥と”金色の鬼”と呼ばれている守銭奴な住職。遥はとある理由からこの寺に来たのだが…?これはタイトル勝ちだと思う。作者も”ボーイズラブ(BL)”と誤認される事を狙って付けたそうだし。展開はホスト部の1話目と全く同じですが、それをマツモトトモがやるというのが面白い。酷い性格の住職が良いです。

■夏目友人帳
「…見ツケタ」と言って夏目の元に現れた不気味な妖。それは、ニャンコ先生や塔子さんと出会う前に会った事のある妖だった。妖の出現をきっかけに、藤原家に引き取られる事になったいきさつが初めて描かれました。なるほど塔子さんの熱心な説得が夏目の心を溶かしたんだなあ。妖に対しては無防備になってしまう夏目の成長が試される話になりそう。

■金色のコルダ
「俺は日野が好きだ」と宣戦布告した土浦を月森は馬鹿馬鹿しいと一蹴するが…。香穂子の知らない所で大変な事になってますね。一人で奮闘しているつっちーに涙が。今回は、久しぶりにLRと加地以外の出番が多くて嬉しかった。でも、やっぱり一番の見どころは手を合わせるシーンかな。月森は香穂子に対して無自覚すぎます。

■4ジゲン
修さん!「B.B.Joker」の修さんじゃないですか!何で購買部でアルバイトしてるんだ(笑)。こんなキャラだったかな…?という疑問は残りますが、懐かしさとネタのキレっぷりにテンションが上がった。

■未少年プロデュース
一ノ瀬かおる、センターカラー読切。転校生のロイは、まさにカーコが愛読する「ロレンスとバラ」のロレンスそのものだった。憧れていたキャラが目の前に現れた事に興奮するカーコに対しコウセイは…?好評につき2回目の掲載となったようです。絵柄が華やかなので読んでいて楽しい。幼なじみが助けに来るという王道を押さえつつ、コウセイの変身ショーでサービスもたっぷり。しかしどんな漫画なんだ「ロレバラ」…ディアマンテって(笑)。

■狼陛下の花嫁
可歌まと。国王陛下の臨時の花嫁として雇われた夕鈴。しかし、冷酷非情な事で有名な”狼陛下”には秘密があるのだった。先に読んだ妹が「どう考えても『彩雲国物語』なんだけど」と憤慨してましたが、高賃金で雇われて臨時の花嫁で〜という導入部は確かにそっくりだなあ。陛下に二面性があるのもそうだし。

090302_2125~0001.jpg
付録のホスト部トランプ(AとKは描き下ろし)


東京は昼頃にすごい雪でした。積もらなかったけど、雪の中で立っているのはしんどかった。


>>★遠隔捜査プレイ日記(約10時間でクリア)

ED1でクリアしました。
二転三転する展開はかなり面白かったですが、非常にモヤモヤする終わり方でした。
マルチエンディングという事なので、たぶんこれがベストではないのでしょう。
何とか犯人は指摘できたけど、結局は黒幕を逃してしまったしなあ…。
証拠集めも明らかにツメが甘かったし。あれでも三浦刑事は許してくれたけどさ。
…コルダがひと段落したらやり直そう。

LaLa(ララ) | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊LaLa3月号(2009)
月刊LaLa3月号>>>表紙 プロジェクトf展開「金色のコルダ」
|∀・).。oO(付録はニャンコ先生のフリース巾着。夏目付録の時だけ母と妹の目が恐ろしい。)

■夏目友人帳
巻頭カラー。扉絵の先生ふかふか…触りたい…。田沼に取り憑いた妖の願いを叶えるため、割れた鏡の欠片を探す事になった夏目たちだったが?第三者(妖、ニャンコ先生)を仲介として、互いに言葉が足りていなかった部分を補っていく展開が微笑ましかった。そして「―そうか よかった」と言って微笑んだ田沼君に惚れました。今になって田沼君が人気ある理由が分かった気がする。今回の話は特に、田沼君スキーにはたまらなかったと思いますわ。

■桜蘭高校ホスト部
ついに…ついに…殿が自分の気持ちに正直になりましたね(涙)。うきメモ状態に辟易していたので、今回で吹っ切れてホッとしましたわ。まあ、あそこまでホスト部がプロデュースして変わらなかったらタダの馬鹿ですが。モリ先輩も久しぶりに活躍していたし、非常に満足。あと、板前芸人には笑いました。お父さん…。

■金色のコルダ
今月号のララの表紙(加地×香穂子)には吹きました。2の加地でこんなシチュは有り得ない…まさかストーカーの妄想ですか?そして、加地の出番が無い本編は月森祭となっております。1ページ目からたっぷりと萌え転げたわけですが、とどめはやはり月森の表情。眉間にしわを寄せながら照れている所が月森らしいよ!つっちーの言葉によって、彼の中の何かが変わる事を期待。

■ちょっと江戸まで
水戸の若様パパラッチされるの巻。江戸文化の薀蓄パートは作者の自己満足っぽくて好きじゃないのですが、今回のようなコメディに特化した話は好きだなあ。唐突なイナバウアーには不意を付かれました…めっちゃ笑った。若様は何だかんだで凄い人だと思う。

■ガーと王子様
斎藤けん、センターカラー読切。あらゆる奇跡を起こすと言われる魔女ガーベラの力を借りる為、単身で旅をしているストラウス王国の王子。ガーと名乗る貧乏な魔女に襲われた王子は、彼女の助けでついにガーベラを探し当てるが…?アホの子っぽい王子様と勝気な魔女の対比が面白かったです。王子可愛いよ王子。斎藤さんの描く黒髪キャラ好きだわ。

■青春攻略本
あきづき空太、センターカラー読切。通学路から見上げた窓に何気なく振ってみた手。それに反応してくれた1つ年上のナギセさんにひと目惚れした伊勢崎は、卒業する彼女に想いを伝える為、同級生の倉田の助けを借りて校舎の間を駆け抜けるのだった。「赤髪の白雪姫」が好調なあきづきさんの新作。何と学生を主人公にした話を描くのは4年ぶりだとか。「胸にズバンと入った」という表現が良いなあ。気のせいか「赤髪〜」よりも伸び伸びと描いている感じがしました。絵柄的に男の子主人公の方がしっくり来るんですよね。吹き抜ける風のように爽やかでカタルシスもあって、とても良かったです。


追加公演で東京キタァァァ!!先行で当たると良いなあ…この前の消化不良感を払拭したい。


>>>湯たんぽ

090128_2206~0001.jpg
黒ウサギが購入の決め手でした

トロステでクロが「冷え性はお腹を温めるといいんだぜ」と言っていたので、
バーゲンで湯たんぽをゲットして来ました。
もこもことした手触りの黒ウサギのカバーが可愛いです。うちのポテコ姫みたい。
で、試しに寝るときに使ってみましたが…あまりの温かさにヘブン状態。
おかげで、足が氷のように冷たくて眠れないという長年の悩みから解放されそうです。

LaLa(ララ) | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊LaLa2月号(2009)
月刊LaLa2月号>>>表紙 TVアニメ2期1月スタート「夏目友人帳」
|∀・).。oO(夏目が表紙でも違和感なくなったなあ。付録は黒ニャンコのぷにぷにストラップ。)

■桜蘭高校ホスト部
扉絵と最後しか出番のないモリ先輩…ううっ。ハルヒの提案で校内”カレー”オリエンテーリング大会を開催する事になったホスト部。久しぶりにれんげちゃんが活躍していて笑った。萌えオーラって何(笑)。鹿谷姫がスイッチだったとしても、結局はハルヒが頑張る姿を見て気持ちを自覚する辺りが殿らしいです。

■夏目友人帳
右目に光る何かが入ってしまった夏目、どこか様子のおかしい田沼、そして校内をうろつく金槌を持った妖。この3つの関連性とは…?本当に田沼君はいい奴だな(ホロリ。)まだ互いの距離感がつかめてない2人の会話が微笑ましかった。田沼君が取り憑かれるなんて狙ってるな…なんて思ってないですよ?

■4ジゲン
今回の作者コメント「某動画で、元素ネタに色と音が付いていて驚きました。しかもオリジナルより絵の完成度が高い。精進します」の後に、(元素記号ネタの)続きを描けとハガキを送られても困りますとのアンサーが。これはもう続きを描いてアニメ化を狙うしかないと思います。

■金色のコルダ
特別編。早乙女先生に「お前にとってヴァイオリンは何なんだ?」と問いかけられた、小学生の月森。ゲームのイベントをベースにした話ですが、ちっちゃい月森が大変可愛らしくて良かった。小学生の時からあの頑固な性格とヴァイオリンへの愛は変わってないんですね。ついでに中学生の王崎先輩も見られて満足。

■HEAVENカンパニー
なかじ有紀、「ZIG☆ZAG」の派生読切シリーズ完結編(元々こちらが先の掲載でしたが…。)グリーンコーディネーターを目指して鉄哉の下で修行中の茉莉花。カンパニーには立て続けに大口の注文が舞い込むが、茉莉花の頑張りもあって無事に成功する。なかじさんの作品って障害のない甘い恋愛なので、読んでて本当に気楽。仕事がそんな簡単に成功するわけないだろ!とは思うけど、マンガなんだからこれ位で良いのかも。

■龍の花わずらい
力の戻ったシャクヤはルシンの真意を知る。ついにルシンが、ルシンが報われる時が来ましたよ!クワンが裏切るまではずっとクワンのターン!だったので、シャクヤの右手にやっと薔薇が咲いて良かった。でも、彼女は気持ちを完全に割り切ったわけでもないんだよね。もうひと波乱ありそうな予感。

■少年ドールズ
響ワタル。これで4回目の掲載なので、そろそろ単行本化しそう。従兄のシロ兄ちゃんの申し出に甘え、レオ&雪を預けて遊園地に行く事にしたあげは。途中までメガネを掛けた雪を兄ちゃんだと思って読んでました…見分けが付かないっての。結局、最後は人形が一番というオチになっちゃうんだなあ。もうちょっと人間と人外故の苦悩とか描いて欲しいのに。

触ると癒される黒ニャンコストラップ
なんだ!このかわいいの!ぷにぷにしてる!


ソウルイーターレイトショーの後に「続・夏目友人帳」の番宣が!思わず巻き戻してしまった。


>>>元素記号のアレ


作者公認というのは本当でした

そういえば、ちょっと前に「LaLa12月号」で検索して来た方が多数いたのですが、
もしかして「4ジゲン」の元素記号ネタからだったんでしょうか?
…ニコニコの影響力って恐ろしいなあ。
「BBJ」からコアな人気はありましたが、更ににざかなファンが増えれば良いな。

LaLa(ララ) | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊LaLa1月号(2009)
月刊LaLa1月号>>>表紙 「桜蘭高校ホスト部」
|∀・).。oO(付録は卓上カレンダー。ララにしては珍しくオールスターというのが嬉しい。)

■会長はメイド様!
巻頭カラー。学園祭でカップルイベントに出場した美咲たち。見事優勝して後夜祭のチケットを手に入れるが…?一部でツンデレの代名詞だった会長が、ついに自分の気持ちに素直になりましたね。やっぱり、ツンデレキャラたるもの”デレ”ないと始まらないよなあ。

■桜蘭高校ホスト部
無意識に大トロリングをはめてしまい、動揺しているハルヒが可愛い。鹿谷姫はてっきり会長からの刺客だと思ったけど、単純に殿に依存しているだけだったのか。役に立たない殿に代わってホスト部のみんなで姫を助ける…という流れの中心にハルヒが居るのが今までと違うところ。

■夏目友人帳
新章スタート、センターカラー。学校での一瞬を切りとったような扉絵が温かくて良いです。初めて参加する学園祭を楽しみにしている夏目。しかし、先生が側に居ない事で変な妖怪に目を付けられて…?田沼君とタキ(照れてる2人が可愛い)、西村と北本、そしてクラスのみんな。夏目を取り巻く友人達の優しさが沁みるエピソードでした。販売員の格好をした夏目が爽やかで良いなあ。そして何よりもニャンコ先生が復活して良かったです。

■金色のコルダ
フォルテの情報に浮かれながら本編を読んだら、ちょっと意外な新キャラが出て来て吹いた。早乙女先生ステキじゃないですか!ケンタのおじさんというか、安西先生というか…ネオロマらしくない所が良いなあ。月森の個人レッスンによって、少しはバイオリンロマンス展開になるかしら?

■瞳からディスティニー
筑波さくら、センターカラー読切。おでこにある不思議なあざは、幼少時に病弱だった海が奇跡的に回復した時に出来たもの。そんな海の前に魔界の王子ネオが現れ「恋をして結ばれる事」という願いを今すぐ成就させ、貸している力を自分に返せと迫るのだった。ドールハウスから登場するというのが面白いです。けど、何で王子は幼い海の所に遊びに来てたんだろう?

■未少年プロデュース
一ノ瀬かおる。超ド級の田舎育ちの2人。合格発表の日に幼馴染のコウセイを「ダサい」と馬鹿にした女の子を見返す為、カーコはコウセイを漫画のプリンスのようにプロデュースして天下を取ろうと目論むが…?男女共に華やかで可愛い絵柄ですね。久しぶりに新人さんで絵が良いと思ったな。話の内容とも合っていて良かったです。コウセイの嫌味のない王子様演技とカーコの地味少女の対比がきっちりとしていたおかげで、ラストのカーコが凄く引き立ったなあと思う。この人の次回作は、是非読んでみたいです。
追記:夏目のララスペの時にアラビア風の印象的なファンタジーを描いていた人か!

描き下ろし年賀状2009(緑川ゆき)
牛の格好をした夏目とニャンコ先生が可愛い


午後から静岡まで泊りがけで出張。今週は急を要する仕事が重なって、本当に忙しかった。


>>>32階からの夜景

081129_0927~0002.jpg
ツリーに楽器のオーナメントが飾ってあって可愛かった

予約するホテルを間違えたのでは…?と思うくらい高そうなホテルでびっくりした。
さすが音楽の街というべきか、音楽をモチーフにした内装が素敵でした。
心の中で「わーい♪コルダ仕様♪」と末期症状を示していたのは、ここだけの話。
…抜け目なくお土産にヴァイオリンのストラップを買ってたりして。

LaLa(ララ) | comments(0) | 白沢プクスケ
<<  2/7PAGES  >>
■過去の訪問者数
おかげ様で6桁に突入です。Thx!
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット
■検索してみる?
■さぽている

ホルンさんとLet's talkin'
話しかけると親密度がUP
ヒュムノスも聴いて下さい♪
■管理人です

■現在表示されている記事
■大雑把な分類
■管理人オススメ

メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)予約特典ドラマCD付き
アーランドシリーズの集大成。歴代主人公登場で最後はどうなる!? トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版) 特典 キャラクタークリアポスター付き
トトリちゃんマジ天使。ロロナのバグに泣いたのが嘘のように快適になってます。 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ PlayStation3 the Best
バグ多めながら、キャラ萌えはシリーズ一番…主に鳩を飼ってる騎士様が。 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DTB1期のBlu-layBOXは画質も話も作画も何もかもがハイクオリティ! 金色のコルダ3(通常版)
キャラ交代で妙にはっちゃけてるコルダの新作。こいつら絶対にヴァイオリンで戦うに違いないよ。 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール(通常版)
ルートによっては非常に切ないアンコール。 金色のコルダ2 f(フォルテ)(通常版)
加地と理事長が登場する続編。 KOEI The Best 金色のコルダ
PS2版に追加要素を足したある意味”無印完全版”
■コメント
■リンク
コルダ3公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「メルルのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらへ! ペルソナ4公式サイトへ 「夏目友人帳」サポーターズクラブ『夏目友人会』 あわせて読みたいブログパーツ
■QRコード
qrcode
■管理人用
■広告
みんなのブログポータル JUGEM