07
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
更新休止中。ツイッターで短い感想をつぶやいてますので興味がある方はそちらで!
「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」公式サイトはこちらへ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
月刊少年ガンガン6月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-05-12)

月刊少年ガンガン6月号>>>表紙 荒川弘2大作品錬成!「鋼の錬金術師×獣神演武」
|∀・).。oO(今月号の付録は鋼の特製パスケースと特製ブロマイド…って、ブロマイド!?)

■鋼の錬金術師
巻頭カラー。親友の仇を討つためにエンヴィーを殺そうとするマスタングだったが、エドやスカーそして中尉の説得で自分を取り戻し、エドの言葉にエンヴィーは…?あれ?何だか目から水が。あんなナリになってしまったせいか、ちょっとかわいそうな最期でした。でも、アームストロング姉弟のタッグには燃えた!エクセレント&エレガント!そして、最強の主婦がついに登場!女子三強(オリヴィエ、師匠、リザ)がそろい踏みですね。

■紅心王子
「桜が咲く頃には時間切れだ」という閻魔の言葉どおり、2年生になった紅次郎たちの所に天使が現れた。強制送還しようとする彼女たちを前に、紅次郎はクレナイの声に全てを委ねるが…?ついに話が動き出しました。クレナイの秘密と併せて紅次郎自身の秘密も明かされそう。紅色の翼はいったい何を意味するんだろう。それにしても、天使3人娘は可愛いかった。

■獣神演武
荒川弘、パワード移籍新連載第3弾センターカラー。移籍ではあるけど、他の2作と違っていきなり話の途中からスタート。何だかすごく面白そうな展開になってるんだけど、単行本派の自分にはサッパリ。来月出る4巻を読んだら話が繋がるんだろうか?それまで待とうかな。それにしても、隔月連載とはいえ牛さん仕事し過ぎじゃなかろうか?

■ソウルイーター
アニメ終盤のオリジナル展開が頭に残っていたせいで、B.J殺しの犯人の正体には驚きました。な、なんだってー!?さすが単独でデスサイズやってるだけあるわ。でも、今回の見どころは久しぶりのシュタイン博士の登場でしょう。マリー先生もかっこいいけど、博士かっこいいよ博士。

■RUN day BURST
大人気御礼、一挙2話掲載。かつてピースメーカーと同じチームの一員として戦い、裏切ったトリガー。そして、ピースメーカーがチームを家族としてこだわる理由とは?ピースメーカーの酷い過去に泣いて、彼が正統な跡継ぎでなくても見捨てなかったコルト家の使用人たちの優しさに胸が熱くなった。いい話だなあ。トリガーはただの不器用さんみたいなので、これを機に仲直りして欲しいなあ。


PCがいつ壊れるか分からない状態になって来たので、相談してDELLのPCを購入する事にした。


>>>本日の査収物

CHRONICLE(DVD付)
CHRONICLE(DVD付)
posted with amazlet at 09.05.21
フジファブリック
EMIミュージックジャパン (2009-05-20)
売り上げランキング: 25
1年4ヶ月ぶりにリリースされた、フジの4thフルアルバム。わーいわーい。
「TEENAGER」以降パッタリとリリースが止まっていたので、ずっと待ちわびていた1枚。
(まあ、ライブに何回も行ってるから飢餓感はそこまでありませんでしたが…。)
モジャハット(犬)を頭に乗せた志村氏のジャケは、店で見るとなかなかインパクトがありますね。
初回限定盤は1時間以上にも渡る、涙あり笑いありの見応えある映像を収録したDVD付き。
また、CDの方も15曲収録で70分近くもあり、アルバムとしてはかなりのボリューム。
東京事変の亀田誠治によるプロデュースと、初の海外レコーディングという事情が作用したのか、
今までのフジとは明らかに音が違います。もうそれは1曲目から明らかです。
方向性は変わってないんだけど、えらくカッコよくそして垢抜けたサウンドになってるんだよね。
さすがに最初は「ええ…!?」と戸惑いましたが、今回のアルバムすっごく良いです。
「TEENAGER」よりも好きな曲が多くバラエティに富んでいるせいか、何回聴いても飽きない。
まあ、「Anthem」までが本編で、「Laid Back」からがアンコールという感じの構成だけど。
シングルの時は微妙に感じた「Sugar!!」は、アルバムだとしっくりと来る不思議。
そんなポップな曲もあれば、「Merry-Go-Round」「Monster」「All Right」のような、
ゴリゴリのロック(パンク?)な曲があったり、「エイプリル」のような哀愁漂うメロディがあったり。
…どの曲も中毒性が高くて困ります。あと、今回は全体的にコーラスの使い方が良い感じ。
うーん、これは今から6月のライブが楽しみだ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン5月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-04-11)

月刊少年ガンガン5月号>>>表紙 TVアニメ新シリーズ始動「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(今月号の表紙は単行本の使い回しなのか…付録はアルの特製ファスナーマスコット。)

■鋼の錬金術師
第3回人気キャラクターコンテスト結果発表。1位:ニーサン、2位:マスタング大佐、3位:ホークアイ中尉、4位:アル…と上位4人は前回と変わらず。この4人はストーリーに左右されない固定ファンが多いという事でしょうね。同じと言えば、牛さんとスカーがまたしても同じ順位というのが笑える。本編は、ヒューズの仇を大佐がブチ切れて追い詰め…という展開。小粋なジョークでエンヴィーの正体を見破った中尉は素晴らしいな!私も一瞬「リザ」と呼んでるのかと思って色めき立ったじゃないか。しかし、暴走する大佐をエド達は止める事が出来るんだろうか…?

090421_2127~0001.jpg
本編と同じ人だとは思えないんだぜ(笑)

■ブラッディ・クロス
何と言う中二病マンガ(笑)。正直なところ、作者が酔って描いている感じが強くて、話にはあまり入り込めていないです…。でも、今回のラストの展開には驚いたな。え、だって…いきなり主人公が殺されちゃってるんだけど、まさかの主人公交代ですか?これで生き返ったらそれはそれで驚くけど。

■仕立屋工房
日丘円、パワード移籍新連載センターカラー。アーク・エンドへ向かう途中でギャンブルの国「ジャック・ポット」に立ち寄ったマクモ達。彼らはそこで「ギャンブルの天選(マスターピース)」と出会う…。「仕立屋」キタコレ!これは最初の数話をパワードで読んでいたので、話の途中からでもすんなりと読み始められました。やっぱり読みやすさって大事だよね…。今のガンガンのラインナップの中では、いきなり上位にランクインしそう。キリクは別行動中?

■ソウルイーター
ついにアラクネを倒したマカだったが、一緒に行動していたメデューサがアラクネの体を乗っ取って復活してしまう…。アニメではあっさりとやられてしまいましたが、原作ではラスボスの勢いですね。黒髪バージョンのメデューサが何だか可愛い。そして、ラストのクロナは何だかエロい。うーん、やっぱり女の子じゃないのか?

■紅心王子
紅次郎は花の謎を解き明かす為に、花を尾行して病院へ行く事に。そこで紅次郎はある人と出会う…。ナチュラルにクラスメイトとして馴染んでいる冥侍が可愛い。ナイス黒髪メガネ!久しぶりに「悪魔モードON」な紅次郎も良かった。花の悲しみを知った王子がどのような行動に出るのか楽しみ。

■RUN day BURST
ライバルの攻撃から逃げる途中、名門コルト一族の御曹司であるピースメーカーと再会したトリガー達。いがみ合う2人を諌めようとするバレルは、彼らが実は同じチームにいた事を知る。ピースメーカーは只のお坊ちゃんじゃない所が良いなあ。ここで回想しているヒマはないような気もしますが、この2人に何があったのか気になります。

■メテオエンブレム
朴晟佑(パク・ソンウ)、最終回。「俺たちの戦いはこれからだ!」またしても打ち切りですか。最近のガンガンは容赦なく切り捨てる方針に鞍替えしたっぽいですね。まあ、この人に関しては「黒神」の連載もあるし、これも最初から「黒神」の宣伝のつもりだったんだろうな…絵がいくら上手くても話がアレじゃなあ。


旅行に備えて色々と買い物。買うものがたくさんあり過ぎると、結局何も買わずに帰ってきてしまう。


>>>本日の査収物

【漫画】結界師24巻、金剛番長6巻
この2冊はいつも一緒に発売している印象が強いです。そんなの…知った事かー!!

>>>鋼の錬金術師FA 第3話「邪教の街」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [Blu-ray] 
うーん、リオールの話は前作でも割と忠実にやっていたから、あまり新鮮味はないな…。
この話は兄弟の顔見せを兼ねた話なのに、その見せ場を1話目に使われてしまってるんですよね。
だから、印象的なシーンがだいぶぼやけてしまった感じ。もったいないなあ。
名台詞ベスト10に入ると思われる、エドの「立って歩け〜」という台詞は良かったですけどね。
あと、教主の強化とか変なオリジナル要素もいらなかったと思うんだ。
次回は…も、もうニーナの話?ハクロ将軍をあえて抜かしたのは、大佐がすでに登場してるから?

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン4月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-03-12)

月刊少年ガンガン4月号>>>表紙 エクスカリバー祭開催「ソウルイーター」
|д`).。oO(”伝説”の付録はエクスカリバーマウスパッド…ウザさ大爆発!UZAAAAAAA!!)

■ソウルイーター
”伝説の”巻頭カラー(笑)。エクスカリバー祭という事で、色々な所でウザい事になってます。でも、雑誌派の人は、何でこんなにエクスカリバーがフィーチャーされるのか分からないような…?最近のソウルは意識的に実験的な描き方をしている感じですが、今回は最初のページが何故か「画太郎先生」風でした。アニメとは違う展開なのに、マカが異様にオトコマエなのは同じなんですね。これが本当の魂の共鳴?

■鋼の錬金術師
ヨキが!ずっと不遇な扱いを受けてきたヨキさんが、起死回生の一撃をかますとは。ここで登場させる辺りに牛さんの愛を感じる。しかし、今回は何と言っても”焔の錬金術師”の久しぶりの活躍にテンションが上がった。やっぱり大佐はこうでないとね!そして、ずっと持ち越されてきたヒューズの死とエンヴィーの関係にも決着が。「〜焼き尽くしてやろう」というラストのコマにしびれました。

■勤しめ!仁岡先生
尾高純一、新連載センターカラー。パワード移籍第1弾。隙あらば生徒の滅亡を企む、子ども嫌いな仁岡先生と、彼を取り巻く個性豊かな生徒たちや先生たちを描いた4コマ。出張版やパワードで何回か読んだ事があるので、問題なく読み始められました。新連載という事で、先生の幼なじみの明日香ちゃんが登場。委員長の座を狙うが故の暴走が楽しい。そしてオチが…。

■ひょっとこスクール
ブログ初心者のお父さんの為のブログ講座。役に立っているんだか立ってないんだか分からない内容だなー。そうか、このマンガのようにすれば良いんですね(それはない)。「ふんわり夢色ダイアリー」での交流には笑った。夢は夢のままに…。

■紅心王子
はなの前に現れた黒衣の正体は…?すでに悪魔、天使、狼男と定番のキャラが登場してるので、残るは死神というわけですね。そうかギィは死神だったんだなあ。ちょっと気弱でお人好しな性格の死神が可愛い。とりあえず閻魔様は酷すぎます。

■マテリアル・パズル ゼロクロイツ
魔法の骨をマジェンガへと運ぶ船に乗り込んだ3人。しかし船は、活動エリアから外れた場所で偵察ロボットの襲撃を受けてしまう。捕らえた海賊の力を借りて何とかロボット撃退するが…?結局、最後まで船酔いしていたシュウガが可哀相だった。アルアドの樹の意味が逆転しているのは何かの伏線?


結局、3連休のほとんどをゲームに費やしてしまった。天気も悪かったし仕方がないよねと言い訳。


>>>完走した感想(10点満点/基準6.0点)
 とある魔術の禁書目録 第5巻(初回限定版) [Blu-ray]
【TVアニメ】とある魔術の禁書目録 全24話
評価7.5点(作画+0.5/キャラ+0.5/2期への期待+0.5)
アニメは、立川とか多摩センターが舞台モデルだったのか!「見覚えのある風景だなー」と思ったのは間違いではなかったんだ。それはさて置き、最後まで安定したクオリティでとても面白かったです。原作は地の文が合わなくて読めなかったけど、アニメは演出が派手で分かりやすかった。まあ、いかにもラノベらしい言い回しと設定が多いので、たまに台詞が冗長に感じられる場面もありましたが、不器用で熱血な上条さん(阿部敦)のおかげで上手く中和されてたなあと思う。中盤以降の当麻は普通にカッコ良かったです。原作は6巻まで消化したのかな?いかにも続きがありそうな終わり方だし、原作のストックもあるので、美琴が主人公の「とある科学の超電磁砲」 の後に2期をやる予感。楽しみ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン3月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-02-12)
月刊少年ガンガン3月号>>>表紙 TVアニメ放送中「ソウルイーター」
|∀・).。oO(何という目力…マカは確実に女の子として描かれていませんよね。オトコ前だわ。)

■ブラッディ・クロス
米山シヲ、新連載巻頭カラー。新連載にあたってペンネームを変えたのか。水城葵=米山シヲ。天使と吸血鬼の混血である月宮は、同じく混血である日向と”神が混血に与えた死に至る”呪いの刻印を共有している。この呪いを解く為に、2人は神の力が宿るという”預言の書”を探しているが…?微エロな雰囲気と基本設定は読切版と同じなんだけど、かなり詰め込んだ1話目だったので少し目が滑った。よりシャープになった絵は良いと思います。男女で呪いを共有しているというのは色々な可能性があって上手い設定。でも、隙あらば相手を出し抜こうとしている2人なのでバトルに徹する感じになりそう。

■鋼の錬金術師
賢者の石の力を存分に利用したアルの戦い方がスマートでカッコいい。キンブリーとの会話はいかにもアルらしいなと思った。一方でスロウスに襲われたオリヴィエの元には、弟アレックスが。夢の姉弟タッグですよ!何だかんだでやっぱり血が繋がってるんだなと。

■Doubt(ダウト)
外海良基、最終回センターカラー。最初の頃はそれなりに怖かったですが、最後になって警察まで全員グルでしたというオチは何だかなあと思う。ミステリのトリックとしては論外だし、サスペンス物としても中途半端だったような気がする。

■日常戦線-ニチジョウセンセン-
加藤拓弐、最終回。え?これって短期集中連載だったの?パパの仇だと思った敵は勘違いで、とりあえずヒロインが考え方を改めて終わり…随分と中途半端な終わり方だなあ。意外と熱血な主人公の性格とか、カッツェのキャラとか好きだったのに。確かに女の子はあまり可愛くなかったですけど。

■B/M(ビーエム)
氷樹一世、センターカラー読切。女漁りの為に下界にやって来た神さま、伊達に憑依されてしまったユウキ。伊達はユウキに「女をおとす力」としてランダムで発言する言葉の魅力を授けるのだった。”ガンガン史上最エロスーパーコメディ”という事でカラーページから相当にエロい事になってます。というかエロを抜いたら何も残らない作品というか。パンチラ、ブラチラは当然の事、どう見てもエロゲーとしか思えないシーンが…ここまで描かれるといっそ清々しいです。すでに伝説となっている「みかハラ」に対抗出来そう。

■POSTMAN(ポストマン)
田中コースケ、「第13回スクエニマンガ大賞」特別大賞受賞作。手紙から命まで金さえ払えばどこにでも届ける―それが郵便配達屋(ポストマン)の仕事。そんな彼らの所に金を持った少女ピタが転がり込んで来て、自分自身を街の外まで届けてくれと2人に依頼する。ピタは血液に特殊な力を持つ「魔女」の力故にマフィアに追われていて、街の外まで治療に行こうとしていたのだった…。話はいたってシンプルですが、構図が大胆でスピード感があって良かった。絵も投稿作にしてはプロ並に達者ですね。線が綺麗でしなやかな絵柄も個人的に好みです。題材によっては化けそうな予感。

■描けぬけろ青春
谷川ニコ、センターカラー。ガンガンONLINEで連載中の「ちょく!」の宣伝を兼ねて掲載。生徒会長から無期限休部を申し渡された漫研の部長。このままでは自分の唯一の居場所が無くなってしまう事に気が付いた彼は、とりあえず会長をオトそうとするが…?この人いつまで経っても絵が下手だなあ。まあ、ギャグ漫画の最低ライン…は満たしてるけど。勘違いキャラコメディとしては、いまひとつという感じ。

■ハレグゥ
久しぶりにジャングルに戻ったハレ一行。しかし、かなり前に実行された性別転換の一部はそのまま…ってえー!?グプタ(♀)、ラヴェンナ(♂)、アルヴァ(♀)のまさかの修羅場にどうやって収拾を付けるつもりなんだろう。自重しないグゥさんをハレは止められるのか…それとも少年誌の限界に挑むのか。ラヴェンナは男の方が好きだけど。

◆付録:ソウルイータードラマCD Vol.3+ ブラック☆スター&椿編「スター誕生」
ブラ☆スタが記憶を失ってしまい…というifストーリー。ネットをしながら聴いていたせいかもしれないけど、あまり面白くなかったなあ。個人的な優先順位が、マカ組>キッド組>>>ブラスタ組なせいもありますが。これ、相手がミフネとかの方が面白かったんじゃないかしら。おまけで「死武専共鳴放送局 マカside ガンガンスペシャル」も収録。


トロステのアイマスSP(笑)。恐ろしい事に見終わった後に本気で購入を検討していました。


>>>月刊鈍器最新号

090223_2149~0001.jpg
左から→LaLaDX、花とゆめ、WJ、少年ガンガン

今月号は特に分厚かった(約1200ページ)ので、久しぶりに他の雑誌と比較。
写真だとララデラも同じくらい分厚いように見えるけど、重量が全然違いますからね〜。
ガンガンは1kg余裕だし、銃弾だって防げるという都市伝説があるくらいだし…。

>>>本日の査収物

【雑誌】花とゆめ最新号
【文庫】100回泣くこと
ゴスペラーズ北山さんのメッセージを帯に付けたら20万部。
という記事を読んで以来ずっと気になってたので購入。泣きたい時に読んでみるか。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン2月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2009-01-10)
月刊少年ガンガン2月号>>>表紙 TVアニメ放送中「ソウルイーター」
|∀・).。oO(鋼アニメ新シリーズの情報。知りたいのはキャストと主題歌…この辺は来月?)

■ソウルイーター
巻頭カラー。表紙&カラー&本編とブラスタが非常にカッコいいです。特別に好きなキャラではないけど、一番少年マンガの主人公らしい性質を持っているのは彼だよね。今回、ミフネとの死闘を繰り広げる姿を見て、改めてそう思った。肉を切らせて骨を断つ…ひいい痛そう!

■鋼の錬金術師
キンブリーによって救出されたプライド。キメラのおっちゃんからアルに託された賢者の石の欠片。そして、ちゃっかりと復活しているエンヴィー。ここまで来たら人間側の優勢かと思ったけど、そう簡単にはいかないか。やはりホムンクルスはずる賢くてナンボですよね。

■トライピース
コンパコ戦争終結。ナナが考えた互いの犠牲が一番少なくて済む解決法とは…?この作品、戦争を無くす事をテーマにしている割には描写が軽い(比較対象:鋼のイシュヴァール殲滅戦)のが気になるのですが、今回の力技な展開には何か惹き付けられるものがあった。そんなシンプルに物事は運ばないだろうけど、こんな解決方法があっても良いんじゃないかと思わせるラストでした。

■BAMBOO BLADE B(バンブーブレードビー)
土塚理弘&スタジオねこ、新連載センターカラー。ヤングガンガンで連載中の「バンブーブレード」のスピンアウト作品。体格に恵まれているユウは幼なじみのケンに付き合って剣道の稽古をしているが、実は剣道が嫌い…その理由とは?土塚氏は「BBB」「清杉ろ」「ゼロクロイツ」に加えて「バンブレ」本編と4本目の連載ですか…いくら筆が早いと言ってもオーバーワークじゃない?BBBも本編と同じくネームを土塚さんがやって、作画は全部アシさん任せな分業方式。基本的に可愛い系の絵柄だけど、微妙に土塚テイストが残っているのが変な感じ(笑)。とりあえず室江高校が登場してからが勝負?

■ブラッドタイプV
伊藤砂務、センターカラー読切。A・B・O・ABの4つ以外の血液型をもって生まれた人間の事を”ストレンジブラッド”と呼ぶ―彼らの血にはタイプによって様々な力が宿っているが、その血の利用を企む組織によって「全てのストレンジブラッドの血を集めた者に莫大な賞金を与える」というゲームが始められていた。みことの血はタイプV。その血には命が宿っており、血を与えればどんな傷でも癒す事が出来るが…?フレッシュガンガン春号の人気投票を経てそのまま本誌で掲載となったようです。新人にしては絵が上手いし、血液を武器にして戦うというのも面白い。これは続きが読んでみたいですね。

■生徒会のヲタのしみ。
丸美甘。ガンガンONLINE連載中の4コマが掲載(おそらく「メテオエンブレム」の代原だと思われる。)ヲタを隠して生徒会に入った主人公が、ヲタ全開の生徒会の面々にいじられて…という感じ。可愛い絵で読みやすいので、少しでも共感を覚えれば楽しいです。

■紅心王子
本編+ドラマCD収録レポートが掲載。レポ漫画から現場の楽しそうな雰囲気が伝わって来て、ちょっと聴いてみたい気になりました。このまま順調に巻数を重ねたら、ひょっとしたらひょっとしてアニメ化もあるかもしれない…かも?

■FULL MOON(フルムーン)
塩沢天人志、最終回。まさに「俺たちの戦いはこれからだ!」と言わんばかりの終わり方でしたね。誰が見てもこれは打ち切りでしょう。塩沢さんは1枚絵は非常に達者なんだけど、漫画としては「ソウルイーター」の2番煎じ以上にはならなかったのが残念。そもそも、ダブル主人公にしたのが失敗だったと思うんだよね。それと、キャラを掘り下げる前にキャラを増やす展開は勘弁して欲しかった。まあ、そもそもキャラが魅力的じゃないってのが問題か。ラストの方は割と読めたので、最初からイエロッテ兄妹オンリーで描いてれば良かったと思う。

◆付録:ソウルイーターSPドラマCD Vol.2 マカ&ソウル編「この胸いっぱいのLOVEを」
出演…マカ(小見川千明)、ソウル(内山昂輝)、デスサイズ(大川透)他
野望達成の為にソウル(実験君)を使って実験を繰り返すデスサイズだったが…?えーとこのドラマCDの裏テーマは”大人組で遊ぼう”でしょうか?キッド編よりも面白かったです。マカパパ×ソウルって公式で何やってんの(笑)。パパが手を握っているシーンを想像して吹き出したじゃないか。いやそれよりも…マカとソウルの本編では有り得ないラブラブっぷりに萌え転げた。マカは「愛してる!」とか絶対に言わないキャラだけに破壊力バツグンだわ。本当にマカは可愛いな。うろたえるパパも可愛かったけど。


肩凝り…というか首凝り?久しぶりに耐えられない痛みが襲って来たので12時前に就寝。


>>>ワールドワイドプリッツ

090114_1818~0001.jpg
左が中国産、右がタイ産(弟が置いていった)

上記は会社でもらったお土産。海外でもご当地プリッツを売ってるんですね。
怪しげなパッケージがバッタもん臭くて良い感じです。
中国の上海蟹味はいまいちだったけど、タイの方はピリッとしていて美味しかった。
ご当地と言えば、東京限定の「しょうゆ味」のキットカットを推したい。
この前初めて食べたら、想像と違って意外と美味かったので。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン1月号(2009)
スクウェア・エニックス
¥ 490
(2008-12-12)
月刊少年ガンガン1月号>>>表紙 アニメポスター付き「鋼の錬金術師」
|∀・).。oO(表紙の簡略化されたアルが可愛い。新アニメのキャラデザにはまだ違和感が。)

■鋼の錬金術師
第3回キャラ人気投票開催、巻頭カラー。エドの1位は安泰だとして、2位以下が誰になるかが分からないな(私は活躍してなくてもアルに入れる。)各地での混乱に乗じて、第三研究所から地下に進入したエド達が見たものとは…?禁忌を犯して作られた複数体がエグい。魂の定着が不完全だとあんな事になるのか…怖すぎる。あと、プライドはあのままでは終わらないとは思ってたけど、迎えに来た人がちょっと意外だった。

■ラン・デイ・バースト
連載2回目。やはり1話目の反響が凄かったのか、掲載順が2番目ですよ。トリガーとバレルの会話が「グレンラガン」のカミナとシモンを彷彿とさせてニヤニヤする。どんなにハチャメチャな事を言っていても、最後に芯が一本通っていればカッコいい法則。足りない部品を手に入れる為に、稼いだお金を全部突っ込んでしまうトリガーの潔さに痺れました。

■ソウルイーター
センターカラー。最近のソウルのカラーは本当に独特だな…カッコいいです。エイボンの書にこの世の全てをコレクトしているノア。キッドがあれだけ手こずったモスキートが一瞬で消されるとは…それにキッド自身まで。手も足も出なかったリズの悲痛な叫びが胸を締め付ける。

■からす天狗うじゅ〜りあるわーるど天狗帖〜
塒祇岩之助(原作:うじゅ製作委員会)、新連載センターカラー。これはまた…変なコラボ連載が始まりましたよ。説明によれば東映太秦映画村から生まれたキャラクタのコミカライズらしいです。映画村ってこんなオタク向けな企画をしているんだ…全然知らなかった。萌え系の変身魔女っ子モノ?内容も絵もいまいちな感じ。

■日常戦線
加藤拓弐、新連載センターカラー。警官だった父親を殉職で失った恵示は、何もない日常が一番だと考えていたが、彼は霧の中で宇宙人と戦う謎の少女と出会う。日常に戻る為に非日常を受け入れた彼は、偶然手にしてしまった武器で敵と戦う事になるのだった…。名前に見覚えがあるなと思って検索したら、受賞作をベタ褒めしてました。割と強引な導入部だったけど、武器が変形するのがカッコ良かった。やっぱ、この人バトルシーンの見せ方が上手いです。これからどのような話になるのか楽しみ。

■ストレイキーズ
柚木タロウ、最終回。杏とソウの関係が明らかになった辺りは面白いなと思いましたが、やはり画力がネックだったように思う。描きたい事に絵が追いついていなかったのがもったいなかった。話はきれいに終わったので、次回はもっと作者の持ち味が出るような作品が読みたいです。

◆付録:ソウルイーターSPドラマCD Vol.1 キッド&トンプソン姉妹編
「触れてはならないモノ」登場するのは、キッド、リズ&パティ、シュタイン博士。
抑えられない好奇心からシュタイン博士の頭のネジを取ってみると、博士の様子が…?あはは、シリアスな本編との落差がすごいです(笑)。すごく下らない内容ですが、3人の掛け合いが面白かった。あと、シュタイン博士の壊れっぷりには笑いました。中の人すげー。


久しぶりに何も無い休日。DFFのスペシャルデーを土曜にしたので、ひたすらプレイしてた。


>>>先日の査収物(Amazon)

夏目友人帳 3
【DVD】夏目友人帳3
3巻のジャケット色合いがすごく良い!
2巻が発売されたのが、ついこの前だった気がするのに…年末だからリリースが早い。
今回収録されているのエピソードは燕、子狐、蛍と良エピソードの連発。
ああ、これじゃいくら涙があっても足りませんよ。うっかり見れないじゃないですか。
そういえば、2期放送開始まであと2週間ちょっとですね。楽しみ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(0) | 白沢プクスケ
月刊少年ガンガン12月号(2008)
スクウェア・エニックス
¥ 500
(2008-11-12)
月刊少年ガンガン12月号>>>表紙 TVアニメ放送中「とある魔術の禁書目録」
|∀・).。oO(付録はソウルイーターのカレンダーと禁書のマウスパッド。どちらも可愛い。)

■鋼の錬金術師
いやーやばい。今月号の流れにめっちゃ燃えた!今まで話に関わって来た軍人がマスタングを助けるために集合。ブロッシュ、ロス、そして最後に登場したのはあの人。最後の大佐とのやり取りにグッと来た(泣いた。)もう、小粋な事をするじゃないか。東方司令部に居た頃はおバカ担当だったけど、意外と裏で根回しをする才能があるのかも。

■ソウルイーター
アラクネの魔法に掛かったソウル。アラクネが見せる幻惑は心の弱さに付け込み、徐々にソウルの心を捕らえて行くが…。心の世界の描写がすごくて痺れた。ソウルは兄へのコンプレックスがあったせいで武器職人の道を選んだのか。マカは魔女狩りよりも絶対にチョップの方が強いよね。ラスボスはエイボン?うーむ、面白くなって来た。

■清村くんと杉小路くんろ
珍しく女の子が登場。2話目のケーキ屋「ぐんぐにる」での清村に爆笑した。3って3って…清村ってば実はサイヤ人だったんですね。しかも、いきなり3って!それにしてもすごい顔だった。紫いものモンブラン美味しそうだな。

■RUN day BURST(ラン・デイ・バースト)
長田悠幸、新連載第1弾センターカラー。村一番の修理屋バレルには、本当は別の夢がある。それは、自分の組み立てた車でレースに出て一番になる事。パトカーに追われて飛び込んできたトリガーに誘われたバレルは、警官のシリンダと共に地球半周カーレースへと参加するのだった。「走るか死ぬか」おお!久しぶりにワクワクする新連載が始まった!メリハリの効いた画面とスピーディな展開に心が熱くなりました。漫画がすごく上手いなと思ったら、他誌で連載経験がある人なんですね。最近の新連載の中ではピカイチなので、これは期待するしかないな。

■先生!
佃範奈、GGグランプリ勝ち抜き者による読み切り。平凡な先生とちょっと変わった児童達が林間学校にやって来て…という4コマギャグ。GGGは最近流し読みなので初読みですが、絵が見やすくて結構面白かったです。

■はじめての甲子園
センターカラー。ドラマCDのキャストが思いのほか豪華なので、ちょっと聴いてみたい気がして来た。アミ彦が関智一だなんて…ピッタリじゃないか。新道とバッテリーを組む事になった荒神。ああ、びっくりした。女の子じゃなくて”女の子みたい”なオトメンね…緑ちゃんかと思ったよ。でも、あのパンツはどうかなと思わなくも。

■死に損ないのあいま(後編)
朔来廉子。やっぱり前後編に分けたのは失敗じゃないかなあ。デビュー時に比べて確かに絵は上手くなったけど、話が頭に入りにくいのでちょっと損をしてる。あと、バトルシーンが濃すぎるかな。


サラウンドヘッドホンが凄く欲しい。シアターセットを置く場所はないけど、これなら…!


>>>本日の査収物

Sky High/セプテノーヴァ
【CD】Sky High/セプテノーヴァ ゴスペラーズ
両A面シングル。
対象店舗で買うとミニポスターがもらえるというので、わざわざ遠出して購入。
1曲目の「Sky High」は「のだめカンタービレ 巴里編」のOPテーマ。
コンサートで聴いた時は微妙だなと思ったけど、毎週聴いていたら好きになってました。
これは、かなり良いクラシカルクロスオーバーじゃないですか。
2曲目の「セプテノーヴァ」は”ゴスペラーズ vs 常田真太郎”という事で、
スキマスイッチとの共演。見た目ならロクスペラーズでも全然違和感がないですね。



>>★トラスティベルプレイ日記(ビオラだけレベルが40越えてて驚いた)

第7章「英雄」に突入。
さすがにワルツは強かった…1回ゲームオーバーになって2回目で何とか撃破。
回復役が居るなら、アイテムは全部ラッパにしておくべきだなあ。
その後はサクサクと進んだ。話の流れ的にもうすぐ終わるんじゃないかと思う。
ダブルリードを黙々と攻略しているんだけど、ここのダンジョンすごく面倒くさいです。
上まで行って戻って〜の繰り返しにイライラするよ!しかも見にくいし!
これは、まんまと敵の術中にハマってるのでしょうか。
アレグ&ビオラを基本にして、3人目を代えながら性能を試しているんだけど、
どのキャラでもアクセサリで補強すれば使えるのね。
見た目的にクレッシェンド王子を使いたいけど、ジルバが圧倒的に強いからなあ。

JUGEMテーマ:ガンガン
ガンガン | comments(4) | 白沢プクスケ
<<  2/8PAGES  >>
■過去の訪問者数
おかげ様で6桁に突入です。Thx!
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット
■検索してみる?
■さぽている

ホルンさんとLet's talkin'
話しかけると親密度がUP
ヒュムノスも聴いて下さい♪
■管理人です

■現在表示されている記事
■大雑把な分類
■管理人オススメ

メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)予約特典ドラマCD付き
アーランドシリーズの集大成。歴代主人公登場で最後はどうなる!? トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版) 特典 キャラクタークリアポスター付き
トトリちゃんマジ天使。ロロナのバグに泣いたのが嘘のように快適になってます。 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ PlayStation3 the Best
バグ多めながら、キャラ萌えはシリーズ一番…主に鳩を飼ってる騎士様が。 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DTB1期のBlu-layBOXは画質も話も作画も何もかもがハイクオリティ! 金色のコルダ3(通常版)
キャラ交代で妙にはっちゃけてるコルダの新作。こいつら絶対にヴァイオリンで戦うに違いないよ。 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール(通常版)
ルートによっては非常に切ないアンコール。 金色のコルダ2 f(フォルテ)(通常版)
加地と理事長が登場する続編。 KOEI The Best 金色のコルダ
PS2版に追加要素を足したある意味”無印完全版”
■コメント
■リンク
コルダ3公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「メルルのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらへ! ペルソナ4公式サイトへ 「夏目友人帳」サポーターズクラブ『夏目友人会』 あわせて読みたいブログパーツ
■QRコード
qrcode
■管理人用
■広告
みんなのブログポータル JUGEM