09
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
更新休止中。ツイッターで短い感想をつぶやいてますので興味がある方はそちらで!
「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」公式サイトはこちらへ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
WJ47号(2009)
WJ47号>>>表紙 4号連続カラー扉第3弾!「家庭教師ヒットマンREBORN!」
|∀・).。oO(入場者に先着順でコミックス0巻をプレゼント!?ワンピースの映画観に行こうかな…)

■バクマン。
「バクマン。」マンガ人気投票結果発表、巻頭カラー。劇中マンガの人気投票という面白い企画だったけど、結果は1位「偽探偵TRAP/亜城木夢叶」2位「CROW/新妻エイジ」3位「この世は金と知恵/亜城木夢叶」という劇中とは逆の人気に。1位と2位が圧倒的な票数というのは納得。「TRAP」と「CROW」は実際にマンガとして読んでみたいもんなあ。本編は渾身の読み切りが担当の肝入りと全く同じ順位に…という八方塞がりな展開に。思いどおりに行かないところがすごくリアル。

■リボーン
第5回キャラ人気投票”キャラ部門”結果発表、センターカラー。1位:ツナ、2位:ヒバリ、3位:獄寺、4位:骸。前回がどうだったか覚えていないけど、リボーンは上位の人気が不動な気がする。それにしても、応募総数が113,119票って…「バクマン。」の約17倍の票数ってのは凄いな。さすが女子の支持率が高い作品だけあるわ。「ワンピース」でもここまでは行かないですからね。本編は、ユニのピンチにガンマが久々に登場。姫抱っこは基本ですよね。

■黒子のバスケ
センターカラー。冒頭のシャワーシーンは、ダメ出しした担当へのリベンジなのかな(笑)。ついに始まった決勝リーグ。青峰を擁する桐皇学園と対戦する事になった誠凛だが、肝心の青峰は姿を見せず…という展開。キャプテンが両チームともメガネ…ごくり。じゃなくて、試合前の朝のワンシーンにそれぞれの違いが出ていて面白かった。試合はまた一波乱ありそう。

■スケットダンス
振蔵に影響されて、メールでのやり取りに完全にハマってしまったボッスン。四六時中メールの返信を気にするボッスンだったが、実はその相手とは…?お姉さんのフリから、まさか再びヒメコとのラブコメ?な展開になるとは思わなかった(笑)。いや、違うな本当の相手はコマちゃんだから…。

■めだかボックス
雲仙姉の鉄球攻撃の前でも、自分の信念を貫く為に退かないめだかちゃん。そんな彼女を助けたのは、元・柔道部部長の鍋島3年生で…?猫美さんの卑怯スタイルは、口で言う割にはそこまでインパクトがなかったけど、今回みたいな場面で使われるとちょっと痺れるなあ。


最近、”ロールケーキ症候群”にかかっているので、ケーキ屋の前を通るたびに目が行ってしまう…。


>>>ミルキークリームロール

091022_1929~0001.jpg
パッケージまでミルキー風で可愛い

ひと巻きで中にクリームだけ、というタイプのロールケーキは好きじゃないんだけど、
これはクリームが美味しくてペロッと食べられちゃいます。堂島ロールよりも安くて美味しい。
後味がきちんとミルキーなのもポイント高し。

JUGEMテーマ:WJ総合
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
WJ46号(2009)
WJ46号>>>表紙 10月10日はナルトの誕生日「NARUTO」
|∀・).。oO(ラーメンを食べてる構図なので「トリコ」かと思ったと妹談。いや…それはないだろう。)

■ナルト
10周年達成記念巻頭カラー。五影の力の前に敗れたサスケ。そして、うちはマダラの口から語られる”月の眼計画”とは…?いきなり「人類補完計画」みたいな流れになって苦笑い。自分で全部語るなよ。最初からナルトは”忍者マンガ”として読んでなかったけど、これは酷いんじゃないだろうか。

■スケットダンス
ボッスンの生理的欲求とプライドをかけた戦い…まあそんな大層な話ではないか(笑)。スケットは良くワンテーマのみで1話描くという実験的な事をしているけど、今回は本当にくだらなかったなあ。ありとあらゆるボッスンの変顔で構成されてるとかね。でも、ボッスンの気持ちはすごく良く分かる。

■保健室の死神
この作品、別にアシタバ君は主人公ってわけじゃないんですかね。今回は、藤君に憧れている”あがり症”の花巻さんがターゲット。ニーハイと太ももが…じゃなくて、当人たち以外がループしているってのが面白いなと思った。ジャンプ版エンドレスエイトって事ね。

■リリエンタール
1話目でリリエンタールを奪いに来た黒服。失敗して銃を取り上げられてしまったサングラス組のその後を描く。悪者のはずなのに、銃を取り上げられた途端ヘタレ化するあたりがカワイイ。てつことリリエンタールのイラスト合戦に巻き込まれる様子がシュールで面白かった。

■めだかボックス
風紀委員長・雲仙2年生との異常な戦いが終わり、生徒会は平穏を取り戻したかに見えたが…?フラスコ計画とか13人の十三組とか、これはこのままバトル路線になってしまうんですかね。新キャラのデザインが何となく和月っぽいような気が…はっ!それって打ち切りフラグじゃん!


酔杯リターンズのゲストが、最近どこかで聞いた人達ばかりで笑ってしまった。今から楽しみだ!


>>>先日〜本日までの査収物

【文庫】キノの旅13
【漫画】となりの怪物くん3巻、テレビ君の気持ち
最近、購入したものを全部書いてないので、後で確認する時に地味に困る。きちんと書こう…。

ラヴ・ノーツ
ラヴ・ノーツ
posted with amazlet at 09.10.15
ゴスペラーズ
KRE (2009-10-14)
売り上げランキング: 189
36thシングル。特典のフォトブック欲しさに遠征して買って来ました。
今回、対象店舗少なすぎ。いくら落ち…おっと危ない。思わず本音が口から出そうに。
フォトブックはB5変型サイズで、各ソロ写真と10/28発売の「Love NotesII」解説入り。
またベストかよ!と思ってたんだけど、解説読んだらフツーに欲しくなって来た。こわいこわい。
まあ、信者なので「買わずにスルーしてやんよ!」という選択肢はないんですが…。
そんな事はさて置き、1曲目の「ラヴ・ノーツ」はサビの部分のコーラスがグッと来ますね。
でも、何だかあまり心に残らない。良い曲なんだけど、メロディも歌詩も素直すぎるのが欠点か。
やっぱり、メンバーが作った曲じゃないとダメなんだよなあ。ちっとも心に刺さらない。
c/wには「逃避行」のLive音源、サントリー「角瓶」CMソング「ウィスキーがお好きでしょ」を収録。
ゴスはライブCDを出していないので、これを初めて聴く人は驚くだろうなあ。
特に「逃避行」は相当ネットリと歌い上げてるし…いや、これが良いんですけどね。
「ウィスキーがお好きでしょ」はゴスの本領発揮。ゴスはオールカヴァーアルバムを出すべき。

映像作品集6巻~Tour 2009 ワールド ワールド ワールド~ [Blu-ray]
2009年春頃にやっていたホールツアーファイナル(鎌倉)を余さず収録したライブDVD。
東京国際フォーラムの追加公演に行った時は、自分の体調に加えて音響もいまいちだったので、
今回の発売を心待ちにしていました。中村さんのジャケットは相変わらず神。
…あ、DVDと書いてしまいましたがBlu-rayで購入してます。2枚組ではない所に惹かれて。
収録サウンドは5.1chではないので、そこまでの違いは感じられませんでしたが、
照明関係はBlu-rayで見た方が明らかに発色がいいです。この辺はアニメと同じなんですね。
今回のように色々な演出があるホールツアーの場合、DVDで見た方が落ち着いて見られるかも。
また、前回辺りから映像クオリティ自体がかなり向上しているなと思っていましたが、
小さめのTVで見ても臨場感があって良い感じ。ああ、早く冬のツアー始まらないかな。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
WJ45号(2009)
WJ45号>>>表紙 10月はリボーン月間「家庭教師ヒットマンREBORN!」
|∀・).。oO(最近のリボーンの絵はあまり好きじゃないけど、表紙はいつもカッコいいのよね…。)

■リボーン
ポスター&巻頭カラー。何で10月が「リボーン月間」なのかサッパリですが、NARUTO祭に飽きていた所だったので、まあ良いんじゃないでしょうか。本編はようやく現代に戻って来て、敵も味方もインフレ中。修羅開匣ってなんぞや?ていうか、あの不動産屋のお兄ちゃんは何者?

■バクマン。
連載用のネーム2本×3話に加えて、トレジャー賞用のネームを上げたシュージン。今までもマンガの一部が載る事はありましたが、今回のように丸々3ページがネームというのは初めてじゃないだろうか?素人目にはあまり面白そうに見えないんだけど、これで絵が付くと変わるんだろうなあ。それを見極められる編集さんは本当にすごいと思う。

■サイレン
センターカラー。碓氷との戦いの後遺症で、次第に記憶が薄れて来ている雨宮だったが…?たまに雨宮ちゃんがヤンデレ化していたのは、全てブラック雨宮ちゃんのせいだったの?個人的には、もっとアゲハとラブコメしてくれたら悶絶必至だと思うのですが、アゲハにはあれが限界か…。

■銀魂
野良猫ホウイチ編完結。ゴールデンボールだなんだと、最後の最後まで下ネタ全開なエピソードでしたが、野良猫が一致団結するシーンにはグッと来た。ね、猫は反則だよう。それにしても、人間バージョンの銀さん見たの、いつ以来だろう?

■スケットダンス
Jソン先生お見合い再び…という事で、今度は失敗しないようにイヤホンから指示を送る事になり…という話。どうせ失敗するのは分かってたけど、オチが酷い(笑)。スイッチへのメールが全部イヤンホンに転送されるとか、スイッチは狙ってた渡したとしか思えない。


ここ最近の土日の体調の悪さと来たら…低気圧のせいか、花粉のせいか、はたまたストレスか…。


>>>鋼の錬金術師FA 第26話「再会」

091005_2257~0001.jpg
飲み込まれたエドを救う為に、グラトニーに連れられてお父様の下へと向かうアル。
また、シャオメイを探すメイとスカーも、彼らを追って地下へと潜入する。
一方エドとリンは、キレて暴れるエンヴィー(真)と戦っていたが、
エンヴィーの体を構成するモノが、滅びた都市クセルクセスの人間だった事を知ってしまい…?
いやー色が付いて動くと本当にエグい!ちょっとお父様のセンスを疑います。
普段エンヴィーが人間型をとっているのも分かる気がするなあ。
性格が歪んだのは、絶対にお父様のせいだと思う。まあ、元々の素質もありますが。
それにしても、脱出する糸口がエドだからって、素直に錬成陣を集めるエンヴィーは可愛いです。
そして、コロンブスの卵的な発想で、真理の扉を開いたエドを待っていたのはアルの体。
原作よりもガリガリになっていて痛ましかったですが、つかの間の再会は希望の光。
苦難の道を歩いてきた兄弟には、幸せになって欲しいですね。

JUGEMテーマ:WJ総合
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
WJ44号(2009)
WJ44号>>>表紙 連載8周年「BLEACH」
|-`).。oO(恒例の最近出番がない人オンリーの表紙。ブリーチは本当に主人公の影が薄いな。)

■ブリーチ
巻頭カラー&連載8周年記念ベストバウト投票開催。担当の名前を出しても受け入れられるのは「バクマン。」のおかげですね。という事は「CROW」=「BLEACH」なのか…?ははは、まさかね。ベストバウトか…正直、同じような展開ばかりなので全然思いつきません。本編はついにラスボスの出番。

■スケットダンス
ヒメコの作った下手な折り鶴を見かねて、折り方の解説をするボッスン。それをきっかけに、手先が器用で凝り性のボッスンは折り紙コンテストに出る事になるが?前々回のヘリウム吸引についてお詫び文が載ってますね。確かにあれは危ないと思った。折り紙は上手い人が作ると、本当に1枚の紙から折ったのか?というものがある奥が深い世界です。

■こち亀
今回はタイムリーに「ドラクエ」話だったので、珍しく飛ばさずに読んだ。商品名をぼかさずに描けるのはジャンプならでは。孫に頼まれてすれ違い通信をする事になった部長だったが…という話なんだけど、実際にドラクエやってる人だったらニヤリと出来る。まあ、アキバまで行かなくてもレア地図はゲット出来ますけどね。

■黒子のバスケ
センターカラー。色味を抑えたカラーがカッコいいなあ。こういう色使い好きです。黒子が中学時代のマネージャー桃井と会っている時、火神はキセキの世代の一人青峰から勝負を挑まれていた。かつて黒子の相棒だった青峰。光が強ければ強いほど、黒子は真価を発揮する。完膚なきまでに力の差を見せつけられた火神。さて、どうする?

■バクマン。
新連載立ち上げに向けて、作風を巡って真っ向から港浦と対立する2人。自分の意見を譲らない担当に対し、シュージンたちは2本の連載用ネームと別に読切を描く事にする。仮にも連載していた作家が「月例賞」に応募するって前代未聞だなあ。そこまでしないと熱意が伝わらないという事なんだろうけど。それにしても、蒼樹紅=河下水希に思えるのは気のせい?そうか、パンチラとかは基本担当の指示なんですね。


ジャンBANG!」でのスケットダンス特集は内容が薄くてガッカリでした。紹介になってないっての。


>>>鋼の錬金術師FA 第25話「闇の扉」

091005_2256~0001.jpg
兄弟同様、大佐と中尉はセットで商品化して欲しいのに

グラトニーに飲み込まれたエド達が堕ちた先は、果てしない血の海が続く無間地獄。
エンヴィーの口から語られるのは、イシュヴァール戦の真実。
一方、軍の内部に探りを入れようとしたロイは、思った以上に闇が深い事を知るのだった。
モノトーンで表現された原作に色が付くと、グラトニーの内部はこんな感じなのか…。
ここからみんなの人気者”うっかりエンヴィー”のターン!
やってる事はエゲつないし許せないのに、その詰めの甘さが可愛いと思ってしまう今日この頃。
ラストと大総統以外は、何だかみんな可愛いんだよなあ>ホムンクルス組
まあ、大佐もたいがい詰めが甘いんですけどね。
不遜な態度を取っていても、将軍クラスに囲まれた途端…あれだひよっ子丸出し。
大佐は有能な部下を取り上げられたここからが本番なので、頑張ってもらわないとですが。

JUGEMテーマ:WJ総合
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
WJ43号(2009)
WJ43号>>>表紙 「バクマン。」
|∀・).。oO(表紙らしからぬデザインがいい。バクマンのカラーは構図も含めていつも楽しみです。)

■ぬらりひょんの孫
巻頭カラー&第1回キャラクター人気投票開催。三位一体の花開院の結界を易々と突破した羽衣狐。その事は遠野で修業に励んでいたリクオにも伝えられ…?普通は1周年でキャラコン開催だと思うんだけど、何でここまで引き延ばしたんだろう?私だったら誰に入れるかな。あえて選ぶとするなら…つらら?

■バクマン。
打ち切りが決まり、早くも次回作の構想を練る2人。次はギャグマンガで行こうという港浦の言葉にサイコーは…?バクマンが面白いのはマンガ家だけを描くのだけではなく、編集(部)サイドも描いている所にあると思ってるんですが、ついにマンガ家VS編集が本格化しそうな予感。この辺は昨年からホットな話題なのできちんと描いて欲しいなあ。

■めだかボックス
雲仙の火薬玉による被害を一瞬の判断で最小限に抑えきっためだかちゃん。雲仙の残虐無比な態度に、ついに黒神めだかの真骨頂その4「乱神モード」が発動する。服が破れてもエロくないのは、めだかちゃんが人知を超えた存在だから?その辺がちょっと惜しいですが、啖呵を切るめだかちゃんが今までで一番カッコ良かったのでいいかな。

■サイレン
久しぶりに現代へと帰還したアゲハたち。しかし、芸能人の朧と共に集団失踪したという事もあり、警察やマスコミに徹底的にマークされてしまう…。やっぱり、エルモアウッドの子供たちは小さい方がいいなあ。アゲハの口からさらりと「カケオチ」という言葉が出た事には驚いたけど、実際のところ雨宮ちゃんの事はどう思ってるんだろう?

■スケットダンス
ヤバ沢さんからの依頼で男子生徒の調査をしていると、警察用語を連発する変な奴が介入して来て…?この学校大丈夫なんだろうか?と思う今日この頃。スケット団や生徒会もたいがいだけど、刑事部なんてのもあるんですね。デカチョウはダンテとはまた別種のウザさだなー。


体調不良だった夏休みのリベンジで、シルバーウィークはひたすら引きこもってゲーム…あれ?


>>>鋼の錬金術師FA 第24話「腹の中」

090928_0004~0001.jpg

グラトニーから逃げるエド達の前に現れたのは、ホムンクルスの1人であるエンヴィー。
人柱候補である事を逆手にとり、兄弟とリンは別々に仕留める作戦に出るが、
暴走するグラトニーにエドとリンは飲み込まれてしまうのだった…。
グラトニーのお腹パックリなビジュアルは、原作で読んだ時も衝撃を受けたものですが、
アニメで動くと一層キモい。肉がとても肉々しいのがなんともいえないです。
そして、まさに”暴食”という名にふさわしい食べっぷり。いや、食べるというか吸いこんでるのか?
とまあグラたん語りはここまでにして、今回の見どころはやはり大佐のヘタレっぷりでしょう。
逃げる時の変な格好には大爆笑。予告で見た時から気になってたけど、あれはないわ(笑)。
使えないから帰れ!と言われて(気遣われて)凹む大佐…そんな所が好きです。

JUGEMテーマ:WJ総合
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
WJ42号(2009)
WJ42号>>>表紙 新連載第2弾「賢い犬リリエンタール」
|∀・).。oO(久しぶりにインパクトのある表紙。テンテン君…だっけ?何故かあれを思い出したけど。)

■賢い犬リリエンタール
葦原大介、新連載巻頭カラー。読み切りを経て連載化。兄妹のもとにやって来た弟は、なんと不思議な力を持つ賢い犬?だった。独特な作風を持つ期待の新人さんが満を持しての連載開始。宇宙人が出てくる方じゃなくて犬の方になったんですね。デビュー作みたいなサスペンス風味でも良かったけどなあ。兄妹との絆とリリエンタールの不思議な魅力をどこまで描けるか。ヒューマンドラマにするのかバトルにするのか。今後の展開に期待です。→読切版の感想

■保健室の死神
連載第2回センターカラー。ヒロイン登場。2年の鏑木さんは「男から目をつけられやすい性質」という悩みを抱えていた。それが病魔である事を見抜いたハデス先生は…?ヒロインが先生に惚れて〜という設定は良いなあ。あと、シンヤというあだ名が可愛い。

■スケットダンス
連載2周年突破記念センターカラー&マイ・ベストエピソード人気投票開催。キャプテンと転校してしまった親友のドロップにまつわる思い出。カラーページを仲直りのシーンに持って来たのがすごく良かった。風船がドロップなんですね。でも、単行本だと白黒で収録されるんだろうな…。それにしても、ドラマCDの次はノベライズ発売決定ですか!何だろう、このまま行けば本当にアニメ化しそうな勢いじゃね?

■ぬらりひょんの孫
次々に封印を破壊して行く羽衣狐に封印を守っている花開院の分家は一計を案じるが…?うわ、メガネの陰陽師きたー!きっとまた当て馬なんだろうけど、なかなかステキな外見でよろしいかと思います。どうせなら操られて〜というベタな展開とかでもいいな。

■バクマン。
中井&蒼樹組の「ハイドア」と一緒に「疑探偵TRAP」の打ち切り宣告を受けた2人は、18才までにアニメ化という当初の夢を断たれ放心する。順調に行き過ぎな感じはしていたので、ここで一度挫折を描いたのは良かったなと思う。「高校生なのにジャンプで連載してるってすごい」という感想は、きっとジャンプでマンガを描いている人なら誰もが思う事なんだろうなあ。


フジのノイタミナに限らず、最近のアニメは終了するのが早いような気がする。なんでだろう…?


>>>完走した感想(10点満点/基準6.0点)

シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD] 
【アニメ】シャングリ・ラ 全24話
評価6.0点(ニューハーフなヒロイン+1.0/作画-0.5/構成-0.5)
うーん。出だしは好感触だったのになあ…終わってみれば、今期一番のガッカリアニメでした。
切るタイミングを逃して、結局最後まで観ちゃったんですけどね。
中田譲治と大塚芳忠のオカマ演技恐るべし。彼らがいなければ即切りだったのに。
とりあえず作画はGONZOなのであきらめるけど、構成はもう少し何とかして欲しかったな。
(でも、シリーズ構成を担当しているのって、鋼FAと同じ大野木さんなんですよね…。)
原作では群像劇になっているのかもしれませんが、アニメでは視点を整理するべきだったと思う。
あえて國子をメインに据えずに、美邦か香凛に絞った方が良かったんじゃないかしら?
それぞれのキャラは悪くないのに、話の中で上手く動かせてないのが残念な作品でした。

JUGEMテーマ:WJ総合
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
WJ41号(2009)
WJ41号>>>表紙 新連載第1弾!!「保健室の死神」
|∀・).。oO(久しぶりにナルト以外の表紙を見た気がする。たぶんそんな事はないんだろうけど。)

■保健室の死神
藍本松、新連載巻頭カラー。ケガや病気の時に優しい養護の先生が対応してくれる―保健室とはそんなイメージが強く定着している施設。しかし、新しく着任したハデス先生はそんなイメージとは程遠い悪魔のような外見。そんな先生がこの学校に呼ばれた理由とは…?前作の「MUDDY」とは180度違う学園事件モノですが、えらく絵が上手くなっていて驚いた。先生のキャラが魅力的だし、美少年をきちんと美しく描けているのも良い。生徒の心を侵す”病魔”を喰らうシーンも迫力があって良かったです。似た系統なので、ネウロの後を埋める感じで生き残って欲しい。

■黒子のバスケ
ダブルヘッダーの試合に勝利した誠凛チームは、体力回復の為にお好み屋に。しかし、黒子達は何故か黄瀬や緑間と相席する事になり…?ちょっとした息抜きと伏線の回。なんだか、試合の時よりも緊張感漂ってる気が(笑)。こうなると、キセキの世代が活躍していた時代の話も読んでみたいなあ。

■ぬらりひょんの孫
たっぷり3ページも使って羽衣狐の着替えシーンを描くなんて…どこぞの某森薫みたいだなあ。ただでさえ狐の外見は黒髪ストレート、セーラー服、黒タイツとかなりフェチっぽいですもんね。同じ口調でも外見を変えるだけで萌えキャラになる好例だと思う。

■あねどきっ
センターカラー。姉妹でツーショット、淡目のカラーがきれいです。なつきと洸太の前に現れた少女は、妹のちあき。彼女は、なつきが帰る気になるまで同じ屋根の下で監視すると言い出すが…?気が強くてドジっ子な妹ですか、あざといなー。しばらくはタイプの違う姉妹の間で翻弄される事になるのかな。

■スケットダンス
有名占い師のインチキトリックを暴くために、セミナーに乗り込んだスケット団。スイッチの冷静な分析に対し、水神はボッスンを占う事で証明しようとするが…?双子トリックの有効活用。やっぱり、こうして同じ格好をして並ぶと似てるなあ。頑張ってボッスンになりきっていた副会長はさすが。


ドラクエが順調にクリア出来て一区切りついたら、発売日にTOVプレイ出来るかな。頑張ろうっと。


>>>本日の査収物

【雑誌】花とゆめ最新号
【漫画】放課後ウインド・オーケストラ4巻、桜蘭高校ホスト部15巻、桜蘭高校ホスト部ファンブック
【小説】桜蘭高校ホスト部〜とっておき!〜
3冊同時発売でホスト部祭。ホスト部新刊>もしかして「千年の雪」の再開フラグですか!?

>>>ぷち感想(関連本)

ホスト部初のファンブック。ピンクピンクした華やかな表紙が美しいです。カバー裏にもネタあり。
表紙は、ビスコさんの希望で「聖☆おにいさん」と同じキラキラした紙を使っているとか。
…まさかホスト部で聖兄のタイトルを見るとは思わなかった!
でも、確かに庶民ネタには通ずる所があるかも。こちらはセレブで、あちらは神様ですけどね。
主な内容は、キャラ紹介、ファン投稿企画、インタビュー、データ集などなど。
これでもか!というくらいネタを詰め込んであるので、かなりカオス。一度には読み切れない。
キャラ紹介や企画ページは「LaLa」のファンページの延長なのでアレですが、
葉鳥ビスコロングインタビューと、ハルヒ役の坂本真綾とのスペシャル対談はとても面白かった。
ビスコさんの人柄が作品に投影されて、それがさらにアニメにも波及してるのが好きです。
作者を含めていまだに仲が良いなんてコメントを見ると、2期を期待してしまいますね。
あと、他のホスト部キャストからのコメントも笑った。松風さん…どんだけ鏡夜が好きなんだ(笑)。

JUGEMテーマ:WJ総合
ジャンプ | comments(0) | 白沢プクスケ
<<  2/28PAGES  >>
■過去の訪問者数
おかげ様で6桁に突入です。Thx!
アクセスカウンター出会いキャッシング激安ドレス不動産担保ローンライブチャット
■検索してみる?
■さぽている

ホルンさんとLet's talkin'
話しかけると親密度がUP
ヒュムノスも聴いて下さい♪
■管理人です

■現在表示されている記事
■大雑把な分類
■管理人オススメ

メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(通常版)予約特典ドラマCD付き
アーランドシリーズの集大成。歴代主人公登場で最後はどうなる!? トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~(通常版) 特典 キャラクタークリアポスター付き
トトリちゃんマジ天使。ロロナのバグに泣いたのが嘘のように快適になってます。 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ PlayStation3 the Best
バグ多めながら、キャラ萌えはシリーズ一番…主に鳩を飼ってる騎士様が。 DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DTB1期のBlu-layBOXは画質も話も作画も何もかもがハイクオリティ! 金色のコルダ3(通常版)
キャラ交代で妙にはっちゃけてるコルダの新作。こいつら絶対にヴァイオリンで戦うに違いないよ。 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール(通常版)
ルートによっては非常に切ないアンコール。 金色のコルダ2 f(フォルテ)(通常版)
加地と理事長が登場する続編。 KOEI The Best 金色のコルダ
PS2版に追加要素を足したある意味”無印完全版”
■コメント
■リンク
コルダ3公式サイトはこちらへ! ガストゲームズサポーターズリンク「メルルのアトリエ・アルトネリコ3」公式サイトはこちらへ! ペルソナ4公式サイトへ 「夏目友人帳」サポーターズクラブ『夏目友人会』 あわせて読みたいブログパーツ
■QRコード
qrcode
■管理人用
■広告
みんなのブログポータル JUGEM